ストーン・テンプル・パイロッツ「いいシンガー見つけられなかったら辞めるつもりだった」

ツイート

ストーン・テンプル・パイロッツは、ジェフ・グートと出会ってから彼を正式に新シンガーとしてバンドに迎えるまで1年ほど時間を費やしたが、それは「失敗の余地がなかった」からで、スコット・ウェイランド、チェスター・ベニントンの後を継ぐに相応しいシンガーを見つけることができなかったら、バンドを解散するつもりだったという。

◆ストーン・テンプル・パイロッツ画像

ディーン・ディレオ(G)は『The San Diego Union-Tribune』紙のインタビューで、こう語った。「もし、一緒に前へ進めるって思える人物を見つけることができなかったら、俺ら、終わりを告げてたよ。失敗の余地はなかった。だから、ジェフをバンドに誘うまで1年近くかかったんだ。正しい決断だって確信したかった。でも、バック・カタログを正当にプレイできるだけでなく、新しい曲を一緒に作れる人物を見つけることができた」

「新しい音楽、アルバムでバンドを先に進めることができるジェフの力は、俺らにとってすごく重要だった。彼は素晴らしいシンガーなのはもちろん、曲作りのセンスがすごくいい」「一緒に曲を作れる人が欲しかったんだ。だから、彼が有名だろうがなかろうが関係なかった」

ストーン・テンプル・パイロッツは2017年11月に新シンガーの名を明かすと同時にニュー・ラインナップでの初ライブを行った。

今月(3月16日)、新ラインナップで制作された初のアルバム『Stone Temple Pilots』をリリースする。

Ako Suzuki
この記事をツイート

この記事の関連情報