【インタビュー】Hirofumi [Eins:Vier]、「“最後”という思いでツアーを廻ります」

twitterツイート

Eins:Vierが3月14日、再録ベスト盤『Self Cover Best 2018 Searching Red Light』をリリースすることに加え、これに伴う6都市12公演の全国ツアー<Tour2018 ”Searching For You”>を3月17日より開催する。2017年末、1568日ぶりの再始動ライブを行なった彼らは、そのMCで前述の再録ベスト盤発売と、全国ツアー開催を発表。ツアーとしては約6年ぶり、音源リリースとしては実に20年ぶりとなるアクションに多くのファンが歓喜したはずだ。

◆Eins:Vier 画像

Eins:Vierは1999年の解散後、各々がソロワークを中心に活動を続け、<V-ROCK FESTIVAL 2011>にて再結成を果たした。2012年、2013年にライブを開催したものの、以降空白期間へ。そして、2017年末の再始動公演をはじめとした今回の音源リリースとツアーは、シーンへの完全復活の狼煙となるものと思いきや、どうやらそれほど単純なものではないようだ。

BARKSでは、再録ベスト盤発売と全国ツアー開催直前にパーソナルインタビューを敢行。今回の再始動に対する個々の状況や思いを語ってもらった。そこに浮かび上がったのは、キャリアを積んだアーティストならではの葛藤と、Eins:Vierに対する三者三様の深い想い。ファンはもとより全バンドマンに読んでいただきたいロングインタビューの第一弾は、Hirofumi(Vo)から。

   ◆   ◆   ◆

■実は初めてなんですよ
■Eins:Vierについて熱く語り合ったのは

──2013年夏以来、久々の再始動に至った経緯から伺えますか?

Hirofumi:やれるタイミングがあったらぐらいの気持ちではいたんですけど、メンバーそれぞれ好きなことやってるし、誰もそれを口に出さずに何年も経ってしまってて。一昨年の話になるんですけど、“オレも来年、50歳の節目の年か”と思ったときに、これまでの自分の音楽人生……っていうと大袈裟ですけど、“一度やり切りたい”という思いが沸いてきて。自分の中でEins:Vierはやっぱり最大のバンドなので、それをやらずしてやり切るもなにもないなと。

──では、再始動はHirofumiさんから?

Hirofumi:そうですね。“オレはこの先、何年音楽をやるんかな?”っていうことも近年考えていて。他のメンバーも同じぐらいの年齢なので、後回しにしてたら本当にできなくなるときが来るだろうと。それで僕からメンバーに“来年やらへん?”っていう話をしたんですよ。

──LunaさんとYoshitsuguさんはどんな反応でしたか?

Hirofumi:その前に、Yoshitsuguとは今も一緒に音楽(※アコースティックユニットyohiaco)をやってて、普段話してる中で「やれへんの?」ぐらいのことを言ってたんですね。だからベースのLunaが「やる」と言えば、また始められるかなと。でも、Lunaは当初やりたいという気持ちがなかったみたいで。まずは3人で会って、「酒を飲みながらEins:Vierに対しての思いを話そうよ」というところからだったんです。夕方5時くらいに集まって、飲みながらずっと話してたら終電を逃したり(笑)。ということを3〜4回繰りつつ、ようやく「どうなん?」って。

──けっこう慎重だったんですね。

Hirofumi:それだけの時間をかけてメンバーと向き合って話し合う中で、“今はやりたくない”っていう答えが出たなら、それはそれでバンドのひとつの美しい形だから。まぁ、何かしら確認したかったんですよね。

──Eins:Vierは2011年に再結成しましたが、その時はどんな気持ちだったんですか?

Hirofumi:再結成のきっかけは<V-ROCK FESTIVAL 2011>(10月23日@さいたまスーパーアリーナ)だったんですよ。その頃、Lunaと一緒にRaFF-CuSSというバンドをやってて、サポートギターがYoshitsuguだったんですけど(笑)。

──言ってみれば、Eins:Vierの3人ですね。

Hirofumi:そうそう。その練習後、みんなで飲んでるときに<V-ROCK FESTIVAL>の担当者から電話があって、Eins:Vierとして出演の打診を受けたんです。で、その場にたまたま3人がいたものだから、話し合いをして。それまでは、「再結成なんてカッコ悪いわ」とか言ってたんだけど、「さいたまスーパーアリーナか……やろうか!?」となって(笑)。という意味では、待ってくれてたファンには申し訳ないくらいの勢いと理由やったんですね。

──大舞台での再結成は華々しいものですし、きっかけになりますよね。

Hirofumi:ただ、「その1本だけじゃつまらないから、ワンマンを」ということで、<TOUR to the FLAT 2012>(2月18日+19日@OSAKA MUSE/2月26日@赤坂BLITZ)を開催したんです。赤坂BLITZ公演では映像を録って、そのDVDをすぐリリースしようと。ところが編集が遅れまくり、完成したのが1年後になっちゃったんですね。となると、「今、DVDだけ出してもなあ」っていうことになり。結果、2013年に東阪でワンマン(<SUMMER TOUR 2013 “Slowed Dive...”-あなたの中の僕よ目覚めよ->/8月2日@OSAKA MUSE/8月4日@渋谷CLUB QUATTRO)をやったんですよ。


──ある種、<V-ROCK FESTIVAL 2011>による再結成からの流れがあって、2013年まではそれが続いていたという。2013年7月当時のBARKSニュースには「今後の活動のアナウンスはやはりなく、これがラストのライブになる可能性も」という一文もあって。となると、今回の4年ぶりの再始動は、これまでとは気持ち的に違うものが?

Hirofumi:そうですね。2011年の再結成は、“さいたまスーパーアリーナ”というきっかけがあって、“じゃあやっちゃう?”みたいな流れやった。でも今回は、“50歳の節目にEins:Vierをやりたい”という思いをスルーしたら、本当にやれるタイミングがなくなっちゃうというのが大きくて。だから、実は初めてなんですよね、みんなで熱くEins:Vierについて語り合って、「やろうぜ!」ってなったのは。

──ちなみに、そのときはどんな話を?

Hirofumi:やっぱり当時の思い出話とかかな。最終的には、今、Eins:Vierを再始動させるなら、どういうカタチがベストかということを話し合って。

──そうして2017年11月19日に再始動ワンマンライブ<Eins:Vier One Man Live 2017 "Searching For Me">が目黒鹿鳴館で開催されるに至ったわけで。

Hirofumi:最初は、その鹿鳴館ワンマン1本だけのつもりだったんです。「年内に1本やろう。そのついでに俺のバースデーライヴもやってくれ」と言ったから2本か(笑)。そうしたらLunaが「せっかくいろいろな思いを結集するんだから、単発で、お祭りみたいに思われるのはイヤや」と。

◆インタビュー(2)へ
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報