【インタビュー】BREAKERZ、19thシングルに表裏あり「振り切った表現ができた」

twitterツイート

BREAKERZが3月7日、2018年第一弾となる両A面シングル「D×D×D / GREAT AMBITIOUS -Single Version-」をリリースする。TVアニメ『ダメプリANIME CARAVAN』オープニング主題歌のために書き下ろされた「D×D×D」はメンバー3人がゲームとアニメのキャラクターに、本気の仮装精神で挑んだ最新アーティスト写真とミュージックビデオも見どころだ。カッコいいのにどこか残念なダメ王子たちが登場するヴァーチャル世界を現実に置き換えて、BREAKERZらしい愛あるメッセージを込めたポップなナンバーに仕上げている。

◆BREAKERZ 画像

もう一方の表題曲である「GREAT AMBITIOUS -Single Version-」はGLAYとのツーマンライブが引き金となって生まれたナンバー(『X (クロス)』収録)のシングルバージョンとしてリリースされるもの。こちらはバンドキッズ当時の素顔をのぞかせるような、3人の無邪気さにほっこりするミュージックビデオと最新アーティスト写真を合わせて楽しみたい。

つまり、「D×D×D」と「GREAT AMBITIOUS -Single Version-」はまったくベクトルの異なる2つのBREAKERZをひとつにパッケージした作品となる。11年目を迎え、遊び心を忘れずチャレンジし続けるBREAKERZのロングインタビューをお届けしたい。

   ◆   ◆   ◆

■ダメな部分も捉え方によっては個性
■弱点も嫌いな部分も前向きに

──両A面ニューシングル「D×D×D / GREAT AMBITIOUS -Single Version-」収録曲の「D×D×D」はスマホゲーム『DAME×PRINCE』をTVアニメ化した『ダメプリANIME CARAVAN』のオープニング主題歌で、制作サイドから「ぜひ、BREAKERZに」という熱烈なオファーがあって実現した楽曲だとか。

DAIGO:アニメ化が決まった時にオファーをいただいたんです。その時点で僕たちは『DAME×PRINCE』というアプリのことを知らなかったんですけど、ゲームをやってみたら面白かったんですよ。絵もキラキラしていて、ちょっとダメな王子たちが登場する楽しいゲームだったので「ぜひ、やらせてください」って。

▲DAIGO(Vo)

──ダメ王子たち?

DAIGO:みんなカッコよくて魅力的な王子たちなんだけど、それぞれにダメなところがあって。どの王子と結ばれるか?っていうゲームなんです。

──タイアップということで、曲や歌詞へのリクエストはありましたか?

DAIGO:けっこうあったよね。

SHINPEI:そうですね。BREAKERZの曲「BAMBINO〜バンビーノ〜」を気に入ってくださっていたので、インパクトのあるフレーズと映像が合うといいかなと思って、実際に携帯アプリのゲームをやりながら、ここに自分たちの曲が流れたらってイメージを膨らませて作った曲です。歌詞に“ダメダメダメ”というフレーズが出てくるんですが、そこがメロディにハマった時にはインパクトを残せるなと思いました。

──結果、とてもキャッチーで軽快な曲に仕上がりましたね。

SHINPEI:自分の中には“王子の世界=ストリングスサウンド”のイメージがあったんです。

DAIGO:お城的なね。

SHINPEI:そうですね。オーケストラサウンドが似合うと思ったので、イントロのフレーズはストリングスを主役にしました。

▲AKIHIDE(G)

──歌詞はゲームに出てくるキャラクターとリンクさせて書いたんですか?

DAIGO:ええ。ただ、特定の王子には特化していないんです。アニメのキャラクターたちだけではなく、僕たち人間だって誰もがどこかしらダメなところがあるんじゃないかと思って。でも、ダメな部分も捉え方によっては個性じゃないかな? 自分の弱点も嫌いな部分も前向きに捉えていけたらいいんじゃないか?っていうテーマで、メッセージを込めた歌詞になりました。

──“短所だって長所 いつでも捉え方次第”と歌っていますね。「D×D×D」で歌っているようにどんな人間も未完成だし、失敗だってするし、完璧じゃない。つい他人に厳しくなりがちな今の時代にもピッタリというか、聴いていて気持ちが楽になる曲でもあります。

DAIGO:そうですね。アニメに出てくる王子たちはひとクセもふたクセもあるんだけど、見ているうちに欠点もかわいく見えてくるんですよ。現実の世の中にもいろんな人がいるし、発想を変えて生きていったほうがいいのかなと思いますよね。

──“俺様ナルシスト” “女好き” “引きこもりオタク”って歌っている部分がゲームやアニメに出てくるキャラクターですか?

DAIGO:ゲームやアニメに出てくる王子たちを2番のAメロで表したという手法です(笑)。

──そういう楽曲を3人でサウンドにしていく上で、気をつけた部分とかデフォルメした部分とか、エピソードはありますか?

AKIHIDE:ギターソロは前半がSHINPEIで後半が僕なんですけど、ギターで王子様感を出せないかなと思って、速弾きでクラシカルなフレーズを弾いています。

SHINPEI:自分のフレーズはストリングスとユニゾンさせたいと思って歌メロを作るかのように考えました。そこからAKIHIDEさんに「もっと炸裂させてください」ってデモを渡してバトンタッチした感じですね。デモでは一応、前半も後半も僕が弾いているんですけど、AKIHIDEさんのようなフレーズは弾けないので、レコーディングでガラッと変わるんですよね。

▲SHINPEI(G)

──SHINPEIさんもギターでキャラクターを意識したんですか?

SHINPEI:基本はいつも、口ずさめるフレーズを弾きたいと思っていて。

DAIGO:キャラは意識してない? ……っていうことを訊かれてるんだよ、今(笑)。

SHINPEI:はい(笑)。そうですね。

DAIGO:でも、自然と出てるんじゃない? ミュージックビデオでギターを弾いている姿を見ると、キャラに通じる勢いを感じるから。

──確かに。DAIGOさんが歌う上で気をつけたことはありますか?

DAIGO:テンポが速い曲ではあるんだけど、ちゃんと歌詞を伝えたかったので言葉の聞こえ方に気をつけて歌いました。それとSHINPEIが言った“ダメダメダメ”っていう箇所はメロにハマるようにリズムとピッチを合わせて、かつ勢いを出したかったので、こだわって何度も録り直しましたね。

◆インタビュー(2)へ
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報