【インタビュー】J☆Dee'Z『あと一歩』全員が高校生の今、できることを全て詰め込んだミニアルバム

twitterツイート

J☆Dee’Zが1stミニアルバム『あと一歩』を3月7日にリリースする。高校ダンス部の強豪校・千葉県立幕張総合高校とのコラボパフォーマンスが実現した迫力のミュージックビデオがすでに公開されているが、表題曲は2017年に発売された「Melody」「ひとひらの涙」に続く“エール3部作”の集大成。バスケットボール女子日本リーグのWリーグ公式応援ソングであり、TBSのTV番組『生き物にサンキュー』のEDテーマとしてもオンエア中だ。彼女たちらしい前向きな青春ソングがありつつ、ミニアルバムはガールズバンド、ORESKABANDによるプロデュース曲あり、遊助のヒット曲「全部好き。」のカバーあり、初のバラードとなった卒業ソングありで新しいJ☆Dee’Zがぎゅっと詰まった作品。グループとしても女子としても変化し、成長し続ける3人にたっぷり話を聞いた。

◆J☆Dee’Z 画像

■選手のみなさん1人1人の意見を聞いて、一緒に作っていく過程も楽しかったですね。(ami)

——1stミニアルバム『あと一歩』に収録されている表題曲はWリーグ(バスケットボール女子日本リーグ)の公式応援ソングで、頑張っている人にエールを送る曲になっていますね。Wリーグからの熱烈なオファーがあって実現した曲でもあるとか。

ami:はい。私たち去年(2017年)の春に男子バスケットボール、B.LEAGUEのオープニングアクトとハーフタイムショーでパフォーマンスをさせていただいていて。都内だけじゃなく、いろんなところに行ったんです。

MOMOKA:北海道や大阪、新潟だったりね。

ami:そう。各地で試合を見せていただく中で「バスケットボールってこんなに熱があって素敵なスポーツなんだ」ってどんどんバスケが好きになって。

MOMOKA&Nono:そう、そう。

ami:そんな経緯があって、今回、Wリーグの公式応援アーティストと、公式応援ソングにしていただけて、ホントに嬉しかったよね。

Nono:選手のみなさんに直接歌を届けることができる立場なので、すごく幸せだなと思いました。

MOMOKA:公式応援ソングになったこともそうですけど、会場で「あと一歩」が流れているのを聞いたときはホントに実感して嬉しかったですね。

ami:シュートをキメてハーフタイムの熱が上がるときにバーンと曲が流れるんですけど、Wリーグのために作った曲ということもあって鳥肌が立ちました。


▲『あと一歩』初回生産限定盤

——歌詞は選手の方たちと一緒に作り上げたということですが、どんなやりとりをしたんですか?

ami:選手のみなさんが試合の前、心を落ち着かせたり、モチベーションを上げるためにどんな音楽を聴いているのかアンケートをとらせていただいたんです。1人1人の意見を聞いている中で背中を押せるような疾走感のある曲にしたいと思って、一緒に作っていく過程も楽しかったですね。

MOMOKA:みなさんが試合の前に聴く曲に「あと一歩」を加えてもらいたいというか、寄り添えるような曲にしたいなと思って制作しました。

Nono:バスケットボールの試合を見ていると、相手チームにどんなに点数で差をつけられてしまっても、ギリギリまで「まだ行ける!」って仲間と励ましあっているんです。そういう姿を見たことも大きいですね。

——スポーツと音楽でフィールドは違っても、J☆Dee‘Zもチームワークで気持ちを1つにすることが大事だと思うんです。共感したところはありました?

MOMOKA:私たちは歌やダンスで他の人たちに負けないっていう気持ちを持ってやっているので、そういうところは重なるのかなって。

ami:バスケってシュートする場所によっても点数が変わるので、ラスト30秒で一発逆転のチャンスがあるんですよ。ギリギリまでわからないスポーツで、ライブに例えたら私たちも「こういう気持ちでやったら、最後に一発逆転でみんなの気持ちにズシッと残るものが残せるんじゃないか」と思うことがあるのでギリギリまで追い求めるのも共通しているのかなと思います。

——ダンスするから日常から鍛えているのも共通点だろうし。

ami:走り回ってずーっとボールを追い続けているから、鍛え方は私たちよりスゴイんじゃないかな。

Nono:あと頭の回転が早い。

MOMOKA:そう。本能で動くというよりも相手が左側にまわったから、フェイントかけてパスするとかチームプレイが大事なんだなって。

——そうですよね。歌詞には“君”が大きな存在として描かれていますね。ときには八つ当たりして困らせたり、頑張る裏側の部分も歌っている。

Nono:“君”はメンバーに重ねることもできると思うんです。私たちもチームなので、うまくいかなかったり、意見がぶつかったりすることがあって、歌詞みたいに八つ当たりしちゃうこともあるけど、ステージに立ったら「3人だから出来る」って思えるし、この歌詞には辛さも喜びも描かれてるなと。

ami:スポーツだけじゃなく、誰もが勝負どきってあると思うんですね。どれだけ考えてどれだけ練習したり準備しても前日の夜や本番10分前には心臓がバクバクして「間違えたらどうしよう」、「失敗したらどうしよう」って思ったり。でも、そういうときにメンバーがなにげなくかけてくれた言葉で気持ちが楽になることもあるし、受験だったら家族や先生のちょっとした言葉が支えになったりすることもあると思うので、1人じゃなく誰かがいるっていう温かい気持ちを込めた曲になっていると思います。

——“Ohhh”っていうコーラスからしてテンションが上がりますもんね。

MOMOKA:応援歌っぽい構成になっていて、ドリブルの音も入っているんです。歌っていても気持ちがアガる曲です。

ami:曲の中でシュートをキメるポーズがあるんですけど、その振りがパッと揃った時とかバシッて着地の足音が揃った時は気持ちいいですね。

◆インタビュー(2)へ
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報