トゥール、新作のプロデューサーはジョー・バレシ

ツイート

2006年発表の『10,000 Days』以来となる5枚目のスタジオ・アルバムを制作中のトゥールは、前作でミキシングを担当したジョー・バレシをプロデューサーに迎えたようだ。

◆トゥール画像

ギタリストのアダム・ジョーンズはスタジオで撮影した彼との2ショットをインスタグラムに投稿し、「プリプロダクション ギガホース。Immortan Evil Joe Barresi @eviljoebarresiと再び仕事をするのはエキサイティングだ。*しかしながら、俺らの第1希望はフィル・スペクターだった。でも、彼には相いれない他の責務があるからな」と、冗談を交え報告した。トゥールは今週、レコーディングを開始したと言われている。



彼らの友人セバスチャン・バックは先月、すでに新曲を試聴させてもらったそうで、「俺はなんてラッキーなんだ!? 昨日、トゥールのヘッドクォーターズ/リハーサル・スタジオで、トゥールの3/4に囲まれ、俺はとろけてしまった。ヴォーカルはなかったが、俺だけのためのトゥール公演だった! これは並大抵のロックンロール・ミュージックじゃない。最高レベルなプログレッシヴ・メタルで、グルーヴィーなトランスの中に入り込むとすぐに、超ヘヴィなリフに打ちのめされる。すごく強力な曲があって、ディープティッシュ・マッサージを受けてるみたいだった! 7分より短い曲はなく、20分ある曲もあった!」と伝えていた。

バレシはこれまで、クイーンズ・オブ・ザ・ストーン・エイジの『Queens Of The Stone Age』(1998年)『Lullabies To Paralyze』(2005年)、ブラック・ストーン・チェリーの『Magic Mountain』(2016年)、アヴェンジド・セヴンフォールドの『The Stage』(2016年)などをプロデュースしてきた。

Ako Suzuki
この記事をツイート

この記事の関連情報