【千歌繚乱インタビュー】MISERIA、「この世界は間違っている」

twitterツイート

4月2日に渋谷REXに開催される<千歌繚乱 vol.15>に出演するMISERIAは、「秩序の崩壊」をコンセプトに活動しているバンドだ。始動から一年がたち、4月24日には一周年記念ワンマンライブの開催も予定されている。ここでは少しだけ彼らの素顔に迫ってみよう。

◆ミュージックビデオ・アーティスト写真

※本記事は4月2日(月)に渋谷REXで開催される<千歌繚乱vol.15>において、来場者限定で配布される「千歌繚乱 ARTIST BOOK」掲載のインタビューの一部を事前に公開するもの。「千歌繚乱 ARTIST BOOK」ではメンバーへの一問一答アンケートなど、より深い内容が掲載されている。

   ◆   ◆   ◆

――バンドコンセプトに掲げている「秩序の崩壊」とは?

英斗(Vo):この世の中、本来間違っていることが当たり前と化していることが多いと思うんです。それを壊していくというか、間違っていることを正していきたいと言うのが僕たちの意志です。

――社会への反抗心?

英斗:反抗ではなくて、僕たちが楽曲を通して伝えたいのは「この世界は間違っている」ということ。社会もそうですが、今のヴィジュアル系シーンに対して間違っていると思うことがたくさんあって。そこはメンバー全員の感情です。


▲英斗(Vo)

――実際にヴィジュアル系というシーンで活動している中で、いろいろと感じることがあるんですね。そもそもみなさんはヴィジュアル系が好きでバンドを始めたんですか?

知莉(Dr):僕のルーツはL'Arc~en~Cielさんです。あと、DIAURAさんに憧れています。

Ju-to(B):Janne Da Arcさんが好きです。ベースをやりたいと思ったのは、SIDの明希さんがきっかけでした。

英斗:結構、歌モノだね。今のMISERIAの楽曲スタイルに通じてる感じがする。

八尋(G):僕はレンタルショップでジャケットがかっこいいCDをいくつか借りた中にあった、the GazettEさんで初めてヴィジュアル系を知りました。転校生だったんですがそのCDを学校に持って行って、それで友達ができたという思い出もあり。

英斗:僕もthe GazettEさんです。最初はAqua TimezさんやEXILEさんを聴いてたんですが、たまたま中学生のときに友達がCDを貸してくれたのがthe GazettEさんで。中学生のときって、特に人と違うことを求めたりするじゃないですか。ヴィジュアル系って決して一般的なものではないからこそ、僕もこういうことやってみたいと思ってバンドを始めました。

――ヴィジュアル系の元祖といえばX JAPANやLUNA SEAかなとも思うんですが、そういうバンドにはあまり触れなかった?

英斗:音楽も時代時代で変わっていくので、僕らがちょうど憧れたのはその世代というだけで。

Ju-to:X JAPANさんやLUNA SEAさんは、曲がどうこうっていうよりも本人たちの生き様に魅かれますね。かっこいいとか、表面的な部分じゃない気がします。


▲八尋(G)

――なるほど。みなさんがヴィジュアル系を“かっこいい”と感じる部分はどこでしょうか。

知莉:奇抜さですね。パッと見でインパクトを与えられるというか。曲だけじゃなく、メイクや髪型でも自分たちのことを表現出来るところがかっこいいと思います。

Ju-to:ステージに立つ側の立場でいうと、すっぴんで勝負しなくていい。メイクすれば単純にかっこよくなれますし。

英斗:視覚的なものがあると音楽の捉え方が変わるよね。あと、タブーや人間の嫌なところにも感情のまま触れられるところも魅力だと思います。他のジャンでもダークな面に特化したバンドもいますが、ヴィジュアル系が一番そういうところを表現できると思います。

八尋:まぁ、ヴィジュアル系って音楽のジャンルじゃないから、ひとくちにヴィジュアル系といっても色んな音楽をやっているバンドがいる。その中で見た目をガラッと変えて、それぞれが自由な表現をしているところが面白いと思いますね。

――みなさん視覚的な意味でのヴィジュアル系、というものを意識しているんですね。

英斗:うちのバンドでそのこだわりが一番強いのは、知莉です。

知莉:あぁ、そうかも。ヴィジュアル系に対しての憧れ、熱がすごく強いと思います。だからメイクや衣装に関してのこだわりも強くなるんですよね。

英斗:それ以外のところではかなりマイペースだけどね…(笑)。

――他のメンバーさんはどんなキャラクターなんですか?

Ju-to:英斗は、「The ボーカリスト」って感じ。目立ちたがり屋ってのもあると思いますが、ステージ立つとすごい存在感を放ちます。

知莉:うちの楽曲は英斗が全曲作詞を担当してるんですが、詞における感情表現が豊かなところもすごいなと思っています。

――八尋さんは?

八尋:僕は無口ですね。意外とお笑いが好きだったりもするんですけど、基本的に言葉で何かを表現することは苦手です。

英斗:彼は完璧主義者。言葉での表現が苦手というのも、ひとつひとつの発言の影響力を考えているからなんです。バンドのことをしっかり考えているとも言えますね。

知莉:Ju-toもかなりストイックだよね。楽器への意欲、意気込みはバンド内で一番強いんじゃないでしょうか。

Ju-to:あと、イケメンね(笑)!ちなみに“Ju-to”はイタリア語読みで“ゆーと”です。

八尋:Ju-toは帰国子女という噂です。

――メンバーさんのことがよくわかったところで、続いては楽曲についてのお話を聞いていきます。

◆インタビュー(2)へ

twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報