エルトン・ジョン、バーニー・トーピンと出会うきっかけとなった『NME』廃刊を惜しむ

twitterツイート

エルトン・ジョンが、英国の象徴的な音楽誌だった『NME』が紙媒体の発行を終了したことを惜しんだ。

◆エルトン・ジョン、『NME』関連画像

エルトンは、先週金曜日(3月9日)最終号が発行されると、自身が表紙を飾った『NME』の画像をインスタグラムに投稿し、「さようなら、NME」とのメッセージを寄せた。「ティーンエイジャーのとき、僕は隅から隅まで君を読んでいた。最後のページにあった広告欄を通じ、バーニー・トーピンと出会ったんだ。それにより僕の人生は永遠に変わった。たくさんの思い出、そして(*New Musical Expressのジャーナリストだった)チャールズ・シャアー・マーレー、ありがとう。@nmemagazine @bernietaupinofficial」



1952年に『New Musical Express』として創刊し、長年に渡り多大な影響力を持ってきた『NME』誌だったが、2015年には発行部数が1万5,000部まで減少。以来、フリー・ペーパーとして配布されていたが、制作コストの上昇と広告市場の縮小によりそれも困難となり、ウェブサイト(NME.com)は継続するが、紙媒体は先週号を最後に66年の歴史に幕を閉じた。最後は、英国人の女性ラッパー/シンガー・ソングライターStefflon Donが表紙を飾った。



Ako Suzuki

twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報