X JAPAN、YOSHIKI完全復活の瞬間をWOWOWで

twitterツイート
PR

全国のX JAPAN/YOSHIKIファンに、朗報である。YOSHIKI完全復活の狼煙を上げる<復活10周年記念 生中継! X JAPAN LIVE 2018 アメリカフェス出演直前 PREMIUM GIGS~YOSHIKI復活の夜~>が、WOWOWで放送される。4月11日、Zepp DiverCity(TOKYO)現地からの緊急生中継である。

ご存知の通り、このライブはカリフォルニア州インディオで4月14日、21日に開催される世界最大規模の野外フェス<コーチェラ・フェスティバル>の出演直前に行われる前哨戦となるもので、YOSHIKIの人工椎間板置換手術後、初のフルステージ復帰の様子を捉えるスペシャルライブだ。しかも、ありえないほどの至近距離と親密な空間で繰り広げられる、歴史に刻まれるライブハウス公演である。一瞬で5万件に達したという壮絶なライブチケット争奪戦はもとより、全国の映画館、香港・台湾・韓国の劇場で開催されるライブ・ビューイングのチケット入手も困難を極めている中、このWOWOWの生中継は全国ファンの救いの神だ。

もっとも、やはり心配なのはYOSHIKIの首の具合と体調だが、世界を舞台に闘うにあたり、YOSHIKIは「エージェントやプロモーターのアドバイスとともにプロジェクトを進めている」と語っている。首の故障でドラムを叩けなくなるというショッキングな状況に陥り、2017年はX JAPANのフルコンサートもドラムレスのアコースティック・バージョンで敢行するという英断を下したばかりなのだけれど、大胆かつ無謀なYOSHIKIの本質は未だ何も変わっていないのか、彼の意識はすっかりクリスタルドラムへ向かっている。


「体調は以前には戻れない。けれど、できる範囲のドラムを叩く。どこまでできるか。どういうプレイをすべきかを試す場でもある」とYOSHIKIは語った。もちろん、身体的なコンディションは万全とは言えない状況だが、世界に向けてX JAPANのサウンドが人々の琴線を大きく震わせ続けている現在、YOSHIKIの自意識はこれまでにない高みに上り詰めている。ミュージシャン/プレイヤーとして、表現者/クリエイター/パフォーマー…すべての意味を含め、アーティスト:YOSHIKIの存在自体が、もはや誰にも制御できない孤高な輝きに溢れている状況だ。

<コーチェラ・フェスティバル>という60万人を動員する世界最大級の大舞台によって、X JAPANのライブが世界的規模でさらなる認知を受け、彼らの人気と評価が爆発的に拡大することは間違いないだろう。そして、そんなX JAPANを支えてきたのが、言わずもがな日本の運命共同体である。そして<コーチェラ・フェスティバル>の前哨戦Zepp DiverCity(TOKYO)2daysを見守り、最高の感動とありがとうの思いでYOSHIKIを<コーチェラ・フェスティバル>へ送り出すのも、運命共同体が成し得る信頼と契と奇跡の力であろう。


メンバー、そしてファンや周りのスタッフに支えられ、YOSHIKIは「<コーチェラ・フェス>とZEPP公演を“演らせていただく”」と表現した。その言葉には、拭いきれない不安を心の奥に閉じ込め「亡きHIDEとTAIJIとの約束を果たすためにも走り続ける覚悟」がにじみ出てきている。そして、「ある程度の覚悟をして」「コーチェラまでは頑張る」とシビアな現状を言葉にしながら、「またアリーナクラスに立てるかもしれない」と謙虚ながらも確実に未来を見据えたバイタリティーをも覗かせている点こそ、見逃すしていけないポイントだ。事実、すでにYOSHIKIはジムへ向かいトレーニングに励んで身体を鍛えている。



奇跡の中で奇跡を生み続けてきたX JAPANであればこそ、いつ何が起こるかわからない。予定や見込みも意味をなさない。常に“びっくりニュース”(本人談)をたくさん抱えているYOSHIKIだが、彼らが動けば世界が動く。YOSHIKIの動向は筋書きのないロックドラマの一遍だ。

「今回のライブは、自分としてはある程度の覚悟をして望むステージ。またアリーナに立つ日も来るかもしれないし、まずはなんとかコーチェラに立つ。そんな僕らを応援してくれると嬉しいです。体調に不安はある。前みたいには(ヘッドバンギングなど)できないと思うけど、できる範囲のところでどこまでできるか?ということだと思う。」──YOSHIKI


なお、2008年の東京ドーム復活公演から10周年の記念ライブでもあるZepp DiverCity公演には、スペシャルゲストとして、リチャード・フォータス(ガンズ・アンド・ローゼズ)と、ウェス・ボーランド(リンプ・ビズキット)がゲスト出演することも発表されている。10年前の東京ドームコンサートを思い起こさせる彼らとの再共演にも、世界中から大きな注目が注がれることだろう。

文:BARKS編集長 烏丸哲也

「復活10周年記念 生中継! X JAPAN LIVE 2018 アメリカフェス出演直前 PREMIUM GIGS~YOSHIKI復活の夜~」
WOWOWライブ
放送日:4月11日(水)夜7:00
収録場所:東京 Zepp DiverCity(TOKYO)

関連番組『WE ARE X』
4月11日(水)午後5:15(字幕版)

◆番組特設サイト

提供: WOWOW
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報