GLIM SPANKYがアジア人第一弾アーティストとして参戦、高音質のロスレスストリーミングサービス「Deezer HiFi」が上陸

twitterツイート

2018年3月12日(月)、2007年にフランス・パリにてスタートした音楽ストリーミングサービス“Deezer(ディーザー)”が、スタートから10年目にして、世界第2位の音楽市場と言われている日本に2017年12月、高音質で楽曲を楽しむことができる、日本初のロスレスストリーミングサービス「Deezer HiFi(ディーザー・ハイ・ファイ)」(CD quality Music Streaming-Deezer HiFi)として日本ローンチを果たし、この度改めて、本ローンチイベントをブルーノート東京で開催した。

Deezerは2018年3月現在、世界180カ国で展開、5,300万曲以上を提供し、アクティブユーザー数も1,400万人を超えており、日本国内ではスタート時から約3,600万曲を配信。月額1,960円(税込)の定額制聞き放題サービスとなっている。



イベント当日は、日本ローンチのパートナー企業であるオンキヨー&パイオニアマーケティングジャパン株式会社のDeezer対象オーディオ機器と株式会社ヤマハミュージックジャパンのスピーカーを体験できるブースも設置。実際に高音質でDeezerを聞く体験が出来るブースとなった。



プレス発表では、DeezerのChief Commercial Officerであるゴラン・シャケドが来日し、主催者の挨拶とDeezerの今後の日本での展開に関するプレゼンテーションを実施。続いて、”Deezer HiFi”をテーマとしたトークセッションとして、日本ローンチにあたってのパートナー企業である、オンキヨー&パイオニアマーケティングジャパン株式会社の取締役、プロダクトプランニング部長・土田秀章、株式会社ヤマハミュージックジャパンのAV・流通営業部マーケティング課・野田聖之の2名と、オーディオ評論家の山之内正が登壇。パレードオール株式会社代表取締役の鈴木貴歩が聞き手となり今後の可能性を語った。




その後のフォトセッションではDeezerとパートナー企業、Deezerとアーティストなど4つのカットの撮影時間が設けらた。そして、本イベントのメインコンテンツのひとつでもある、“DeezerSession”の公開収録ライブを実施。アジア初のDeezer Session参加アーティストとして、GLIM SPANKYが、全8曲を歌い上げた。GLIM SPANKYは、ロックやブルースを基調にしながらも、新しい時代を感じさせるサウンドをならす男女二人組ロックユニットとして注目を集めている。今回のDeezer Sessionの模様はDeezerでのライブ音源配信、DeezerオフィシャルYoutubeチャンネルでの映像配信、ともに現在4月24日(火)の公開を予定している。

GLIM SPANKY ライブ後コメント

Deezer HiFiは自分たちの好きなアーティストも多数配信されており、そのプレイリストの中に仲間入りできることが嬉しい。──ボーカル&ギター 松尾レミ

今回Deezer Sessionでライブを出来たことを光栄に思います。これまでに出演されているアーティストのライブのクオリティもとても高く、是非日本のユーザーの皆さんにも質の良い音楽をたくさん聞いてほしい。GLIM SPANKYは日本語のロックとして日本人ということを誇りに思い、アジアのロックとしてグローバルに世界各国の方に歌を届けていきたいし、今後もそういった活動をしていきたい。──ギター 亀本寛貴

◆Deezer オフィシャルサイト
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報