福山雅治、新曲は『正義のセ』主題歌。長崎の島の“体感”ムービーも公開

twitterツイート

福山雅治の新曲「失敗学」が、4月11日にスタートする日本テレビ系水曜ドラマ『正義のセ』の主題歌となることが発表されている。

◆福山雅治 画像、動画

吉高由里子が主演を務める『正義のセ』は、阿川佐和子の同名シリーズ小説をドラマ化した作品で、主人公の新米検事・竹村凜々子の奮闘と成長を描いた物語だ。福山が日本テレビ系ドラマの主題歌を担当するのは、2015年の『花咲舞が黙ってない』以来3年ぶり。また、吉高主演ドラマとのタッグは2010年の『美丘』以来8年ぶりとなる。


福山と吉高は、今回の発表に際してそれぞれ次のようにコメントを寄せている。

   ◆   ◆   ◆

「この度は『正義のセ』主題歌を担当させて頂くこととなり、大変光栄に思います。主題歌のタイトルは「失敗学」です。主人公・凜々子はとても勇気のある人。未熟ながらも自身の信念のために他者とぶつかることを恐れない人。共感すると同時に、恥ずかしながら「でも僕にはそんな生き方は勇気がなくて出来てない…」とも思いました。ならば、そんな僕のような人や、凜々子の周りに居る人たちに出来ることは何なのか?との思いで生まれてきた楽曲です。人生はすべてうまくいくことなど皆無で、誰しもが必ず失敗を経験する。ですが、失敗から学びや気付きを得ることで成功に近づいてゆくのも事実。勇敢な凜々子を見ていて浮かんだエール(応援)は「失敗する人が成功する」と言う言葉です。凜々子の不器用な背中を少しだけ後押しながら、彼女と共に少しでも前に進んで行けるような楽曲になれたらとの思いで描きました」──福山雅治

「私の初主演作の『美丘』も福山さんの主題歌でした。今回も福山さんが担当してくださると聞いてそのことを思い出し、もう8年もたったんだなと実感しています。優しく応援してくれて、“よっしゃ明日も頑張ろう"と元気になれる曲です。私にとって20代最後になる今回のドラマを、この曲と一緒にお届けすることができてとても嬉しいです」──吉高由里子

   ◆   ◆   ◆

なお本日3月16日、福山がナビゲーターを務める“NAGASAKI BLUE ISLANDS PROJECT(長崎ブルーアイランズプロジェクト)”のスペシャルムービー「体感、長崎の島。」も公開となった。同ムービーは、“島の魅力を伝えるためには「島になりきる」ことが重要だ”と決心した彼が、五島列島、壱岐、対馬と“一体化”して島の魅力への理解を深めていくというストーリーの約5分の映像作品となっている。





■日本テレビ系 水曜ドラマ『正義のセ』

2018年4月11日スタート
放送日:毎週水曜よる10時~11時放送(初回10分拡大)
製作著作: 日本テレビ

■NAGASAKI BLUE ISLANDS PROJECT スペシャルムービー「体感、長崎の島。」

公開開始日:2018年3月16日(金)
特設サイト: http://nagasakiblueislands.jp/
Facebookページ: https://www.facebook.com/nagasakiblueislands/

twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報