ウィル・アイ・アム「マイケル・ジャクソンとのコラボ、発表するつもりはない」

twitterツイート

ブラック・アイド・ピーズのウィル・アイ・アムは、マイケル・ジャクソンが亡くなる直前に彼と曲を制作していたが、大金を手に入れることになるとしても、それらをリリースするつもりはないそうだ。

◆ウィル・アイ・アム画像

彼は『Event』誌にこう話した。「俺は絶対にやらないよ。俺は、マイケル・ジャクソンに夢中で育ったんだ。彼から連絡もらい、一緒にやらないかって誘われたとき、俺はそれが本人だとは信じられなかった。でも、あれらの曲は、彼のような完璧主義者が容認できるほどには完璧じゃない。(リリースは)できないよ。誠実ならね。あのレガシーはリスペクトしなきゃ」

ウィル・アイ・アムはまた、ソーシャル・メディア上には自分もマイケル・ジャクソンやビヨンセになれると安易に考えている人達がたくさんいるようだが、それには並大抵ではない努力が必要だとも話した。

「努力しまくるしかない。立ち上がり、ノックダウンされても、再び立ち上がる心構えが必要だ。社会はたくさんの幻影を生み出し、ソーシャル・メディアは自分もビヨンセやマイケル・ジャクソンになれるって考えるキッズを誕生させたが、自分の全てを与えないかぎり、そういう人達にはなれない」

ウィル・アイ・アムは現在、UKのオーディション番組『The Voice』で一緒に審査員を務める英国の名シンガー、トム・ジョーンズとのコラボを計画しているそうだ。ジョーンズは最近、『The Sun』紙に「撮影以外のときも僕らは多くの時間を一緒に過ごしている。コラボしようってずっと誘われたんだ。やるよ。いま、それに相応しい曲を探しているところだ」と話した。



Ako Suzuki
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報

TREND BOX

編集部おすすめ

ARTIST RANKING

アーティストランキング

FEATURE / SERVICE

特集・サービス