フォリナー、オーケストラ&コーラス隊との共演ライブがDVDに

twitterツイート

フォリナーのライヴ作品『フォリナー・ウィズ・21世紀シンフォニー・オーケストラ&コーラス~ライヴ・イン・スイス 2017』が2018年4月27日に世界同時発売される。2017年5月にスイスのルツェルンで収録されたもので、デビュー40周年を迎えたフォリナーと21世紀シンフォニー・オーケストラ&コーラス隊が共演を果たしたものだ。

◆フォリナー映像&画像

名の知れたメンバーによって結成されたフォリナーはスーパー・グループとして話題になり、デビュー作が全米チャート最高4位に入るヒットを記録した。続く2作目の『ダブル・ヴィジョン』(1978年)も全米最高3位、エドに替わって元スモール・フェイセスのリック・ウィルス(B)が加入して制作した3作目の『ヘッド・ゲームス』(1979年)も全米最高5位にランク・インすることとなった。その後イアンとアルが脱退するも、4人で4作目の『4』(1981年)をリリースし、シングルの「ガール・ライク・ユー」や「アージェント」「ジューク・ボックス・ヒーロー」といったヒット作を次々と放ち、アルバムは全米で10週連続1位という快挙を成し遂げることとなる。

2003年、新たに元ハリケーンのケリー・ハンセン(Vo)、元ドッケンのジェフ・ピルソン(B)らを起用し、15年ぶりの9作目のアルバム『キャント・スロー・ダウン』(2009年)をリリースし、2014年には『4』の完全再現ライヴの様子を収めた『THE BEST OF 4 & MORE』を発表した。2016年にはデビュー40周年を記念して40曲入りのベスト・アルバム『40』をリリースして話題を牽引、2017年5月にスイスでオーケストラとの共演したライヴを実施することとなる。その時の様子を収めたのがこの『フォリナー・ウィズ・21世紀シンフォニー・オーケストラ&コーラス』だ。


このライヴは、スイスのルツェルンのカルチャー・コングレスセンターにて、著名なオランダ人コンダクターのアーンスト・ヴァン・ティエルの指揮のもと、21世紀シンフォニー・オーケストラとコーラス隊と共に行なわれた。通常のエレクトリックのライヴにオーケストラを加えたスタイルを基本に「コールド・アズ・アイス」「ガール・ライク・ユー」「ジューク・ボックス・ヒーロー」「フィールス・ライク・ザ・ファースト・タイム」、さらにアコースティック・セットによる「セイ・ユー・ウィル」など、どの曲もオーケストラの荘厳なサウンドをバックにさらなる輝きが増しており、デビュー40周年を祝うに相応しい作品に仕上がっている。

写真:Karsten Staiger


フォリナー『フォリナー・ウィズ・21世紀シンフォニー・オーケストラ&コーラス~ライヴ・イン・スイス 2017』

2018年4月27日 世界同時発売予定
【初回限定盤ライヴDVD+ライヴCD+日本盤限定ボーナスCD】GQBS-90361~3 ¥6,500+税
【通常盤ライヴDVD】GQBS-90364 ¥4,500+税
【ライヴCD+日本盤限定ボーナスCD】GQCS-90591~2 ¥3,000+税
※日本語解説書封入/日本語字幕付き
DVD〔2017年5月20日・21日 スイス ルツェルン・カルチャー・コングレスセンター〕
1.オーヴァーチュア
2.ブルー・モーニング, ブルー・デイ
3.コールド・アズ・アイス
4.ガール・ライク・ユー
5.ヘッド・ゲームス
6.ホエン・イット・カムズ・トゥ・ラヴ
7.セイ・ユー・ウィル
8.ザ・フレイム・スティル・バーンズ
9.イエスタデイ
10.ジューク・ボックス・ヒーロー
11.スターライダー
12.ダブル・ヴィジョン
13.フール・フォー・ユー・エニウェイ
14.ホット・ブラッディッド
15.アージェント
16.フィールズ・ライク・ザ・ファースト・タイム
17.アイ・ウォナ・ノウ
CD〔2017年5月20日・21日 スイス ルツェルン・カルチャー・コングレスセンター〕
1.オーヴァーチュア
2.ブルー・モーニング, ブルー・デイ
3.コールド・アズ・アイス
4.ガール・ライク・ユー
5.セイ・ユー・ウィル
6.ホエン・イット・カムズ・トゥ・ラヴ
7.イエスタデイ
8.フィールズ・ライク・ザ・ファースト・タイム
9.スターライダー
10.ダブル・ヴィジョン
11.フール・フォー・ユー・エニウェイ
12.アージェント
13.ジューク・ボックス・ヒーロー
14.アイ・ウォナ・ノウ
日本盤限定ボーナスCD
1.セイヴ・ミー(『クラシックス』より)
2.ガール・ライク・ユー(『クラシックス』より)
3.ザ・フレイム・スティル・バーンズ(『アコースティック』より)
4.フィールズ・ライク・ザ・ファースト・タイム(『ホエン・イッツ・ラヴ』より)
5.ダブル・ヴィジョン(『アコースティック』より)
6.コールド・アズ・アイス(『アコースティック』より)
7.アージェント(『アコースティック』より)
8.ホット・ブラッディッド(『アコースティック』より)
9.アイ・ウォナ・ノウ(『アコースティック』より)
10.セイ・ユー・ウィル(『アコースティック・イヴニング・ウィズ・フォリナー, ライヴ・アット・SWR1』より)
11.ダーティー・ホワイト・ボーイ(『アコースティック・イヴニング・ウィズ・フォリナー, ライヴ・アット・SWR1』より)
12.ロング, ロング・ウェイ・フロム・ホーム(『クラシックス』より)

【メンバー】
ケリー・ハンセン(ヴォーカル)
ミック・ジョーンズ(ギター)
ジェフ・ピルソン(ベース)
トム・ギンベル(リズム・ギター/サックス)
マイケル・ブルースタイン(キーボード)
ブルース・ワトソン(ギター)
クリス・フレイザー(ドラムス)

◆フォリナー『フォリナー・ウィズ・21世紀シンフォニー・オーケストラ&コーラス~ライヴ・イン・スイス 2017』レーベルオフィシャルページ
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報

TREND BOX

編集部おすすめ

ARTIST RANKING

アーティストランキング

FEATURE / SERVICE

特集・サービス