ドロレス・オリオーダンも楽しみにしていた、バッド・ウルヴスの「ゾンビ」

twitterツイート

バッド・ウルヴスのデビュー・アルバム『ディスオベイ』が、2018年5月18日発売される。

◆バッド・ウルヴス映像&画像

バッド・ウルヴスはロサンゼルスで結成されたメタルバンドだ。ヴォーカルはDivine HeresyやWestfield Massacre、Snotといったバンドで活躍したトミー・ヴェクスト、ドラムは元DevilDriverのジョン・ベックリン、ギタリストには元God Forbidのドック・コイルと元Bury Your Deadのクリス・ケイン、そしてベーシストには元In This Momentのカイル・コンキールという、メンバー全員がハイキャリアを持つエリート集団だ。

彼らを語る上で欠かせないカバー作品に「ゾンビ」がある。「ゾンビ」はご存知クランベリーズの代表曲で、1994年にリリースされて以降、彼らの代表曲として多くのリスナーを惹きつけてきた作品だ。ヴォーカルのトミーもこの曲に多大な影響を受け、強いシンパシーを感じたことからカバーを熱望したのだとか。

そしてクランベリーズのヴォーカル、故ドロレス・オリオーダンもバッド・ウルヴスによる「ゾンビ」をいたく気に入っており、メンバーと共にレコーディングを行う予定となっていたのだという。トミーの携帯に「自分がいかにレコーディングを楽しみにしているか」というドロレスからのボイス・メッセージが残されていたものの、その電話の翌朝に彼女はこの世を去ってしまった。バンドはこの悲劇に打ちひしがれたが、ドロレスの意思を継ぎ楽曲を世に送り出すことを決意、同時に「ゾンビ」の売り上げを彼女の子供たちへと寄付することも発表している。

バッド・ウルヴスの1stアルバム『ディスオベイ』、クランベリーズ・ファンも是非一聴を。

写真:Stephen Steelman





バッド・ウルヴス 『ディスオベイ』

2018年5月11日 世界同時発売
【通常盤CD】GQCS-90598 / 4562387206209 / ¥2,300+税
※CD/日本語解説封入/歌詞対訳付き
1.オフィサー・ダウン
2.ラーン・トゥ・リヴ
3.ノー・マスターズ
4.ゾンビ
5.ラン・フォー・ユア・ライフ
6.リメンバー・ホエン
7.ベター・ザ・デヴィル
8.ジーザス・スレイヴス
9.ヒア・ミー・ナウ
10.トゥルース・オア・デア
11.ザ・カンヴァセーション
12.シェイプ・シフター
13.トースト・トゥ・ザ・ゴースト

【メンバー】
トミー・ヴェクスト(ヴォーカル)
ジョン・ベックリン(ドラムス)
クリス・ケイン(ギター)
ドック・コイル(ギター)
カイル・コンキール(ベース)

◆バッド・ウルヴス 『ディスオベイ』レーベルページ
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報