ポール・マッカートニー、銃規制デモでジョン・レノンについて言及

twitterツイート

ポール・マッカートニーが土曜日(3月24日)、銃規制を求め全米各地で開かれたデモ<March For Our Lives>に参加し、ジョン・レノンについて言及した。

◆<March For Our Lives>画像

ポールは夫人と共に、「WE CAN END GUN VIOLENCE(僕らは銃による暴力を終わらせることができる)」と描かれたTシャツを着用し、ニューヨークで行なわれたデモに参加。CNNに呼び止められ、コメントを求められると、「(銃による暴力を完全になくせるか)わからない。でも、これが僕らにできることだ。だから、僕はいまここにいる。僕の親友の1人が、このすぐ近くで銃の暴力により殺された。だから、これは僕にとって重要なことだ」と話した。



先月、フロリダ州パークランドの高校で起きた銃乱射事件を受け開かれた<March For Our Lives>には、ワシントンDCだけで約80万人、全米で計100万人以上が集結したと言われている。

ワシントンDCのデモにはアリアナ・グランデ、マイリー・サイラス、カニエ・ウェスト一家らが参加、LAではレディー・ガガの姿も見られた。









Ako Suzuki
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報