【ライブレポート】NICO Touches the Walls、BIGMAMA、sumikaが「『音楽と人』に捧ぐ!」

twitterツイート

雑誌『音楽と人』主催イベント<音楽と人LIVE 2018「新木場ナイトカーニバル〜Three-bands in sunny march〜」>が3月22日、新木場STUDIO COASTにて開催された。出演者はNICO Touches the Walls、BIGMAMA、sumika。この3組はデビュー時期も音楽性も違ってはいるが、ヴォーカルが同世代であるほか、紆余曲折や試行錯誤を経てそれぞれのスタイルを確立してきたバンドだという共通点もある。

◆<新木場ナイトカーニバル> 画像

トップバッターのBIGMAMAのステージは、普段はセットリストの終盤に持ってくることの多い「MUTOPIA」からスタートした。



2018年2月に始まったツアーよりメンバーの立ち位置を変更、リアド偉武(Dr)の前に、上手から安井英人(B)、柿沼広也(G)、金井政人(Vo&G)、東出真緒(Vn)が横一列に並ぶフォーメーションとなっている。それにより、例えば歌心のあるベースラインがふと浮き上がってくるような場面が増えたり、金井と柿沼が掛け合うようにヴォーカルをとる曲の力強さが増したりと、曲の聴こえ方にも変化が生まれつつあるようだ。

比較的明るい曲の多かった前半を終えると、金井が上着を投げ捨てたのを合図に「ファビュラ・フィビュラ」が始まった。金井のヴォーカルに勇壮なコーラスが重なり、次第にオーディエンスも歌声を上げていく。重心の低いバンドサウンドはまるで獣の唸り声のようであり、そこにオーディエンスが拳をあげて応え、大きな一体感が。





そのあとはジャーンとギターを鳴らしたまま、金井が「ご案内します、シンセカイへ」と告げ、「荒狂曲“シンセカイ”」に突入。続く最新シングル表題曲「Strawberry Feels」では、組曲的なプログレッシブな展開のなか、間奏でそれぞれの楽器が遊びまくって最高だった。

ライブは「ダイヤモンドリング」の晴れやかな響きで終了。MCはほぼなく、全9曲を立て続けに演奏するストイックな構成だからこそ、セットリストの起承転結の鮮やかさがより一層映えていて、BIGMAMAの持ち味を思う存分見せつけたパフォーマンス。「また会いましょう、BIGMAMAでした。ありがとうございました!」と金井が声を張り上げ、5人がステージをあとにした。



2番手はsumika。1stフルアルバム『Familiar』1曲目に収録されている「Answer」での幕開けだ。ゲストミュージシャンに井嶋啓介(B&Cho)を迎えた5人編成の彼らはこの日、オープニングから表情豊かなサウンドを響かせて手拍子や大合唱を起こしていく。

3曲目の「カルチャーショッカー」の前には片岡健太(Vo&G)が、「今宵はみなさんの手拍子も声も目線も表情も、全部楽器に変えていきたいんですけど、力をお借りしてもよろしいでしょうか!?」と問いかけた。既に気持ちは通じているようだったが、それでもしっかり言葉で伝えるのがsumikaの流儀だ。




ポップでカラフルなサウンドはいつになく躍動的で、歌の合間に何度も“フゥー!”と叫んだ片岡をはじめ、全体的にメンバーの身振り手振りも大きい。演奏から気合いのほどが伝わってくるその理由が語られたのは最初のMC。片岡にとって『音楽と人』は、BIGMAMAやNICO Touches the Wallsが若くして活躍していた時代から「自分のバイト代をせっせと貯めて買っていた雑誌」だとのこと。「悔しい気持ちを全部成仏させるつもりでいるし、ただの対バン企画、ただの雑誌の企画では終わらせません」と宣言して「ソーダ」へと繋げた。

「ライヴ会場に来ないと完成しない曲」と前置きしたラストナンバーは、「「伝言歌」」。ネットなどでライヴ動画を観ることのできる現代では、「音楽誌を買い、そのバンドに対する想像を膨らませ、答え合わせをしにライヴ会場へ行くという流れがなかなか実現しづらい。変わらないもののほうが珍しい時代ではあるが、じいちゃんになってもsumikaを続けたい」と、この曲を演奏する前に片岡が話した。目を見て答え合わせをすることの大切さ、それを続けていく決意。バンドのその熱い想いは演奏と“伝えたい”という言葉で届けられ、大合唱が巻き起こった。とても美しいラストシーンだった。



トリのNICO Touches the Wallsは、サポートに浅野尚志(Key&G, Vn)を迎えた5人編成でライヴに臨んだ。最新作『OYSTER -EP-』1曲目のハードなロックナンバー「mujina」から、ヴァイオリンとギターの絡みによってカントリー的な要素が増した「THE BUNGY」という幕開け。光村龍哉(Vo&G)はメロディにアレンジを加えながら唄っていてゴキゲンな様子だ。

「カーニバル感は全然出せないかもしれませんけど、みんなと一緒に楽しめるようにいろいろな曲を持ってきたので、僕らの音に身を委ねて楽しんでください」と最初のMCを終えたあとに演奏したのは、メジャーデビュー曲「夜の果て」。バンドと付き合いの長い『音楽と人』が主催するイベントだからこその選曲といえるだろう。古村大介(G)の掻きむしるようなギターソロをはじめ、バンドの演奏にはメンバーの気合いがバッチリと反映されていた。




軽いセッションを経て突入した「Funny Side Up!」は、この日のひとつのハイライトだった。いつになくぶっ太いギターサウンドがバンドをグイグイ引っ張り、それに呼応するかのように各楽器の演奏も白熱、どこまでも自由になっていく。この曲を終えたあと、光村は今日が2018年初のライヴだったことに触れ、「久しぶりに爆音出したら、やっぱ上がっちまいますね!」と笑った。

躍動的なビートを背に「『音楽と人』に捧ぐ!」と光村がシャウト。そうして本編ラストに鳴らしたのは「Broken Youth」だった。この曲は8年半前にリリースされたものだが、“少年の向こうへ”“壊せない 僕らの勝利”というフレーズたちが、試行錯誤や葛藤を経て瑞々しいサウンドを鳴らすに至ったこのバンドの現在を象徴しているようで、彼らが歩んできた道のりとその思いを感じた瞬間でもあった。

そしてアンコールには再びNICO Touches the Wallsのメンバーが登場し、“『音楽と人』編集長の心の名曲”だというTHEE MICHELLE GUN ELEPHANTの「ダニー・ゴー」をカバー。この日限りの特別な場面をもって、3時間のカーニバルが幕を閉じた。

撮影◎古渓一道

■<音楽と人LIVE 2018「新木場ナイトカーニバル〜Three-bands in sunny march〜」>2018.3.22@新木場STUDIO COASTセットリスト

【BIGMAMA】
01.MUTOPIA
02.神様も言う通りに
03.POPCORN STAR
04.春は風のように
05.秘密
06.ファビュラ・フィビュラ
07.荒狂曲“シンセカイ”
08.Strawberry Feels
09.ダイヤモンドリング
【sumika】
01.Answer
02.Lovers
03.カルチャーショッカー
04.ソーダ
05.ふっかつのじゅもん
06.Summer Vacation
07.「伝言歌」
【NICO Touches the Walls】
01.mujina
02.THE BUNGY
03.夜の果て
04.ストラト
05.天地ガエシ
06.Funny Side Up!
07.Broken Youth
encore
08.ダニー・ゴー (THEE MICHELLE GUN ELEPHANTカバー)

◆音楽と人 オフィシャルサイト
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報