小島梨里杏、カラオケの『DAM CHANNEL』15代目MCとしてはつらつと登場

twitterツイート

カラオケファンなら、一度はカラオケルームで見たことがあるはずの『DAM CHANNEL』。カラオケDAMで、曲の合間にモニター画面で放映されているゲストを招いてのトークや様々なエンターテイメント情報を見ることができるスペシャルな音楽情報番組だ。毎回、豪華なゲストが登場していることで注目を集めており、カラオケルームに入ったものの、『DAM CHANNEL』に見入ってしまいしばらく歌うのを忘れていた、なんていうカラオケファンもいるくらいだ。

そんなDAM CHANNELでは、初代MCの菊川怜をはじめ、女性タレントやアーティストが歴代のMCを務めて時代を彩ってきたが、この春から15代目MCとしてドラマや映画、舞台を中心に活躍する若手人気女優、小島梨里杏が就任することとなった。

そこで今回は、記念すべき番組収録初日にスタジオにお邪魔して、収録の様子を密着レポート。さらにインタビューを行い、MCとしての抱負・意気込みから、想像以上の音楽マニアぶりまでを語ってもらった。


収録場所は赤坂のスタジオ。この日は、小島は朝9時からスタジオ入り。GARNiDELiA(ガルニデリア)、リーマンマイクという、まったく個性の異なる2組を相手にMCを務めるという、いきなりのハードルの高さだ。さらに、合間にはコメント撮影も行われ、息つく間もなさそうな忙しさ。そんな中でも、はつらつとした表情で「よろしくおねがいします!」とスタジオ入りする小島の明るさには、周囲のスタッフも元気をもらっている様子だ。

15:30過ぎ、次のゲストとなるビッケブランカを迎えてのトーク収録へ。まず、小島がスタジオ入り。スピーカーから流れる楽曲に体を揺らしてリズムを取っており、心から音楽好きな様子が伺える。大きな拍手に迎えられてビッケブランカがスタジオ入りすると、すぐに向かい合い着席して収録がスタートした。


「はじめまして、小島梨里杏です」
「はじめまして、ビッケブランカです」

と、なんとなくぎこちないような、初々しい感じのファーストコンタクトに、スタッフから笑い声が起こり、なごやかなムードで収録が進む。4月18日(水)に発売されるビッケブランカのメジャー1stシングル「ウララ」について、「どんな作品になってるのか?」を曲やアルバムタイトル名から、そしてツアーに対する思いを聴くなど、リスナー目線での質問を投げかけていく小島。開始してしばらくしてから、「このシングルには楽しみが詰まっていると感じがある」と感想を話す小島に、「どういうところが?」等、一つ一つ質問返しをするビッケ。たじろぎながらも、それに対して細かく説明していく小島。まさにこれは新MCとしての試練か!?しかしながら、それぞれの質問に対して丁寧に受け答えする堂々とした姿には、とても収録初日とは思えない貫禄さえ感じさせた。



トークではビッケのアーティストとしてのルーツについて掘り下げていき、音楽をやりだしたきっかけとして、マイケル・ジャクソンの「スリラー」のMVに衝撃を受けたから、とのエピソードも聴くことができた。そうした話の引き出し方はMCとして天性のものがあるのかも? そのMCについてのトークでは、「今回、新たにMCに就任したんですけど、アドバイスをいただけませんか?」と、ビッケに求める場面も。それに対してビッケは、自分がライヴMCの際に「母親に話してるように喋るようにしている」と秘伝のトーク技術を伝授。「それ、いただきました!」と乗っかる小島。きっと今後のトークは普段家で母親と話している小島の素の表情を見ることが出来るに違いない。ナイスアドバイス、ビッケ!


後半のトークでは、カラオケについても触れていく。ビッケがカラオケには年に3回くらい家族が集まったときにいくことを告白。よく歌うのはユーミンの曲とのことで、「卒業写真」を裏声で聴かせる貴重なシーンもあった。また、「ビッケブランカの曲をカラオケで上手く歌うコツ」や、「マイブームについて」等、質問を重ねていく。


そして、締めくくりには「ビッケブランカにとってのステージとは?」という小島の質問に、「瞬間の“瞬”です!置かれた場所がどこであってもその瞬間瞬間がステージになったらいいなという願いを込めての“瞬”です」と、ビッケが漢字一文字でその想いを表して、トークコーナーの収録は40分程で終了。収録初日ながら、見事なMCぶりに感心してしまった。トーク終了後は、各媒体用のスチール写真を撮影。様々なポーズ、表情で撮影に応えてビッケブランカを迎えてのトーク収録を終えた。

◆小島梨里杏インタビューへ
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報