イギー・ポップ、ストゥージズのドキュメンタリー映画『ギミー・デンジャー』あえての字幕付きで特典映像冒頭解禁

ツイート

昨年9月の全国劇場公開で大ヒットとなった、ジム・ジャームッシュ監督最新作、イギー・ポップが率いたバンド、ストゥージズを描くドキュメンタリー映画『ギミー・デンジャー』のブルーレイ&DVDの3月28日(水)の発売に先駆けて、セル商品の特典映像の冒頭が解禁となった。

「ストゥージズの先駆けになるような存在はいないが、彼らに影響を受けた人たちは大勢いるんだ」と語り、10代から長年ストゥージズの熱烈なファンであり続けるジャームッシュ監督は『デッドマン』(95)、『コーヒー&シガレッツ』(03)で、バンドのフロントマンであるイギーを役者として起用するなど親交を深めており、本作はイギー自ら「俺たちストゥージズの映画を撮ってほしい」とジャームッシュにオファー。今まで映像で語られたことのなかったザ・ストゥージズの真実がつづられ、ジャームッシュにとっては『イヤー・オブ・ザ・ホース』(97)以来20年ぶりとなるドキュメンタリー映画となる。


今回解禁となった映像は、6種類の特典映像のうちの、「Noises」の冒頭映像。インタビュー中のイギー・ポップは彼がロックンローラーだからなのかはわからないが、大阪のおばちゃんもびっくりの擬音の使い手。本特典映像はイギー・ポップが擬音を発しているシーンだけをつなぎ、さらに彼が発した声に忠実に字幕を入れた映像だ。イギー自らオファーしたジム・ジャームッシュ監督を前に、真剣に話すイギーの表情に「ん”にゃにゃにゃ〜」「チッツツーチッツツー」「も”〜」といった擬音の字幕が入る。シュールな映像ではあるのだが、観ているうちにジム・ジャームッシュのイギーへの愛もそこはかとなく感じるから不思議だ。

イギーが擬音で伝えようとしたのはどんな場面なのだろうか。そんなことを想像しながら味わうのも楽しいかもしれない。「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100人のシンガー」にランクインした偉大なる歌手であるイギー・ポップと映画界の鬼才ジム・ジャームッシュ監督による遊び心ある映像を楽しんでほしい。


ブルーレイ&DVD 『ギミー・デンジャー』

3月28日(水)発売
BD:KIXF-547 ¥4,800+税
本編約108分+映像特典約17分/BD50G
オリジナル英語(リニアPCM5.1ch、DTS-HD Master Audio2.0ch)
本編日本語字幕+英語字幕/1080p Hi-Def(ビスタサイズ)/カラー
DVD:KIBF-1570 ¥3,800+税
本編約108分+映像特典約17分/片面2層
オリジナル英語(ドルビーデジタル5.1ch、ドルビーデジタル2.0ch)
本編日本語字幕+英語字幕/16:9LB(ビスタサイズ)/カラー

BD&DVD共通映像特典:
★Shake Appeal(ライヴ映像)
★Private Plane(ストゥージズむかし話)
★Tour of Ann Arbor(ストゥージズの地元、アナーバー市ツアー)
★Noises(イギー・ポップの奇声)
★オリジナル予告編
★日本版予告篇

◆『ギミー・デンジャー』 オフィシャルサイト
この記事をツイート

この記事の関連情報