チャンス・ザ・ラッパーが非難したビールのCM、取り止めに

twitterツイート

ハイネケンは、人種差別だと批判されたビールのCMの放送を中止した。

◆チャンス・ザ・ラッパー ツイート

このライト・ビールのCMは「Sometimes, Lighter Is Better(軽いほうがいいときもある)」と謳い、バーテンダーがワインにウンザリ気味の女性を見つけ、彼女に向けビールのグラスをカウンター上で滑らせると、それが黒人女性や男性を素通りし、女性の前で止まるという内容だった。“Light”は、ライト・スキン、ダーク・スキンなど肌の色合いを表すときにも使われるため、人種差別だと非難された。

真っ先にそれを指摘した1人がチャンス・ザ・ラッパーで、彼は今週初め、このCMに対しこうつぶやいていた。「いくつかの会社は、より視聴されることを狙って、わざと人種差別的な広告を出してると思う。とんでもないレイシスト/ペテンだ。それについてここに投稿して貢献してやるべきじゃない。だけど、これは言っておかないと。ハイネケンの“sometime lighter is better”コマーシャルはものすごく人種差別だ オー・マイ・ゴッド」

ロイター通信によると、ハイネケンは火曜日(3月27日)、広告の放送中止を発表。「我々はこのCMはハイネケン・ライト・ビールを表したものだと考えていますが、的が外れていました。これらの意見を受け止め、今後のキャンペーンに活かしたいと思います」とコメントしたという。

しかしながら、ビールを手にした女性もどちらかと言えば“ダーク・スキン”なため、人種差別にはあたらないとの意見も上がっていた。





Ako Suzuki
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報