ボーカル録音に最適な半球体デザインのリフレクションフィルターの新色ブラック「Aston Halo Shadow」登場

twitterツイート

▲「Aston Halo Shadow」に同社マイクを装着したイメージ(マイクおよびショックマウントアダプターは別売)

自宅や小規模なスタジオをはじめ、さまざまな環境で快適に本格的なボーカル録音が行える、英Aston Microphones社のレコーディング・マイク用リフレクションフィルターの新色モデル「Aston Halo Shadow(アストン・ヘイロー・シャドー)」が登場。ローランドより4月2日に発売される。

Aston Microphones社は、2015年に設立された新進気鋭のマイクメーカー。同社の製品は、ボーカルやライブ演奏のレコーディングに適したナチュラルで高品位なサウンド、デザインの美しさや優れた堅牢性で、多くのアーティストやエンジニアに高く評価されている。2016年10月に発売されたレコーディング・マイク用リフレクションフィルター「Aston Halo」の新色モデルとして、新たにブラック・カラーがリリース。性能はそのままに、自宅やスタジオの録音機材やインテリアになじむカラーリングでの登場だ。

ボーカルやアコースティック楽器などの録音に広く使用されているのが、コンデンサー・マイクに代表される専用マイク。より本格的なボーカル録音を行う場合は、こうしたレコーディング・マイクとともに「リフレクションフィルター」が併用される。音は、マイクで収音されるほか室内の全方位に広がるため、リフレクションフィルターを設置して内側で吸音、外側で遮音し、壁や天井などからの反響音や反射音の影響を受けないようにするのが効果的だ。

Aston Microphones社のリフレクションフィルターは、ペットボトルのリサイクルから再生された特許素材のPETフェルトを使用することで、軽量化に成功。従来の金属とスポンジを採用した一般的なフィルターでは成し得なかった半球体構造を実現している。マイクの上下左右を包み込むことでフィルター内部の音を吸音しつつ外部ノイズの侵入を防ぎ、自宅や小規模なスタジオなど反射音が起こりやすい天井の低い場所でも、よりクリアな音で快適にレコーディング可能。ボーカルの録音に集中することができる。


▲マイクに向けられた音を上下左右で吸収し、反射音を防ぐ「Aston Halo Shadow」。素材の約70%がペットボトルのリサイクルから再生された特許素材のPETフェルトを採用することで、金属とスポンジを採用した一般的なリフレクションフィルターでは成し得なかった独特な半球体構造が特徴。

製品情報

◆Aston Halo Shadow
価格:オープン
発売日:2018年4月2日
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報