ブライアン・メイ「バイオグラフィ映画の制作は長く困難な道のりだった」

twitterツイート

クイーンのブライアン・メイが、フレディ・マーキュリーのバイオグラフィ映画『Bohemian Rhapsody』の制作について、「長く困難な道のりだった」と話した。

◆ブライアン・メイ画像

映画は2010年に制作されることが発表されて以来、キャストや監督の変更が何度もなされ、その度、プロダクションに遅れが出ていた。最近では、昨年末、ブライアン・シンガー監督が突如降板するトラブルも発生した。

ブライアンは、BBCにこう話したという。「なにか意味のある映画は多くの場合、とても困難な立案の時期を経るものだ。多分、これも例外ではない。ロジャー(・テイラー)と僕にとって興味深い体験だったよ。僕らには本当に少しの力しかなかったからね。この映画を作るのは自分たち次第とはいかなかった」

『Bohemian Rhapsody』は当初予定していたよりひと月以上早まり、11月2日に公開されることが決まった。

ブライアン・メイは今週、ロンドンで上演されるスモール・フェイセズのバイオグラフィ・ミュージカル『All Or Nothing』を観賞。あの時代の思い出がよみがえり、涙ぐんだという。







Ako Suzuki
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報