矢沢永吉、東京ドームと京セラドームでのライヴが決定

twitterツイート

歌手の矢沢永吉が69歳を迎える2018年9月、東京ドームと京セラドームでライヴを開催することがわかった。

8日開催となる京セラドームでのライヴは、自身のキャリアで初開催となる。そして15日開催となる東京ドームでのライヴは、ソロデビュー40周年を記念した2015年以来3年ぶり。国内アーティストとして最年長記録となる。

公開された本公演のオフィシャルサイトには、「STAY ROCK」のロゴがあり、文字通り「ロックし続けるんだ」ということを意味している。69歳になっても東京、大阪でドーム公演を開催できるアーティストとしてのエネルギー、まだまだ現役でやり続けるということへのこだわりが色濃く表現されている。

さらに読売新聞に掲載された本公演の全面広告には「嘘をついてる、暇なんてない」というキャッチコピーが添えられている。エイプリルフールである4月1日だからこそのコピーだが、矢沢永吉にしかできない“ロック”な表現だ。69歳になっての最初のライヴ、メモリアルイヤーにふさわしいコンサートになることは間違いないだろう。

また、3/29に矢沢永吉として初の公式LINEアカウントが開設されている。

ライブ・イベント情報

■開催概要
日時・場所:2018年9月8日(土)京セラドーム大阪
2018年9月15日(土)東京ドーム
公式サイト:https://stayrock.eikichiyazawa.com/

LINE公式アカウント情報

LINE ID:@eikichi_yazawa
LINE公式アカウント 友だち追加URL:https://line.me/R/ti/p/%40eikichi_yazawa
LINE BLOG URL:https://lineblog.me/eikichi_yazawa/

関連リンク

◆公式サイト
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報