Kalafina、初ドキュメンタリー映画の初日舞台挨拶で「楽しい時は3倍」

ツイート

Kalafinaが3月30日よりTOHOシネマズ 日比谷にて、『Kalafina 10th Anniversary Film ~夢が紡ぐ輝きのハーモニー~』の2週間限定ロードショーをスタートした。その公開初日となる3月30日には、3月29日にオープンしたばかりの同会場にてメンバー3人による舞台挨拶が行われた。

◆Kalafina (カラフィナ) 画像

映画『Kalafina 10th Anniversary Film ~夢が紡ぐ輝きのハーモニー~』はデビュー10周年という節目に公開される初ドキュメンタリーだ。その上映開始前に、満席の劇場にて温かい声援を受けながらKalafinaの3人が登壇。以下、笑顔が絶えなかったトークショーの模様をお届けしたい。

   ◆   ◆   ◆

──ドキュメンタリー映画を撮ると聞いて、どう思いましたか?

Wakana:初めて聞いたときは凄く驚きました。自分自身が私たちKalafinaの姿を、音楽世界を体感できるんだと思ったら、すごく楽しみになりました。

Keiko:ドキュメンタリー、イコール密着だと思って“イヤだなぁー”と(笑)。完全にオフを撮られるシーンもあって、途中であきらめましたけど(笑)。

Hikaru:緊張で胃が痛かったです。この大スクリーンで観ると、アップがドアップじゃないですか。凄くアップになった時に顔に虫刺されみたいなのがあって(笑)、恥ずかしかったです。

──デビュー10周年という節目の映画ですが、あらためてKalafinaにとっての10年はいかがでしたか。

Wakana:10年っていうと長いですけど、私たちにとっての10年はライブ、歌をたくさん届けてきた10年でした。デビュー2年目からライブ活動を始めましたが、あの時の私たちに、「10周年の1月23日は武道館で歌うんだよ」って言ったら、3人とも気絶するぐらい、(武道館で歌えるなんて)考えてもいませんでした。私たちにとっての10年はみなさんと一緒に歩んでこれた10年。だから、気付いたら10年経っていたんだと思います。

Keiko:“なにかを10年続けるって難しいですよ”って、インタビューなどで言っていただくんですけど、あらためて自分たちの10年を振り返ってみると、本当にたくさん歌ったなって思います。それぞれ全く違った3人が一緒に歌うことで生まれるものって未知だなと思います。いろんな目標を掲げて、いろんな目標に向かう力も持ったし、楽しい時は3倍っていうことを体感した10年でした。

Hikaru:10年前の自分には考えられない自分になっています。この10年を振り返るようになって、あらためて、人は10年あると変わるんだという事を実感しています。

──これから映画を観るみなさんにメッセージを。

Wakana:10年という時間をこの映画の中に詰め込んでいただいたような作品になりました。自分たちが歩んできた10年間はお客さまみなさんと共にあったんだなと、特に武道館の映像を見て思いました。この10年間、私たちは3人だけではなく、たくさんの方に支えていただいてここまで来たんだという事をあらためて感じることができました。みさなんにとっても10年間のフィルムになっていたら嬉しいです。

Keiko:いつもは歌をみなさんにお届けしている私たちですが、今回は自分たちの10年の軌跡を描いた映画を作っていただいて。今日、みなさんと過ごすこの空気感はまるでいつものライブみたいな空気感になっていて、すごく不思議だなと思ったけど、Kalafinaのライブはいつもこうだって思いながら、しゃべっていました。いつも、あったかい時間、ありがとうございました。そして、楽しんで観てください。

Hikaru:3人でハーモニーを奏でてる姿をたくさん収録していただいて、それに向かっていく自分たちの素の姿もたくさん撮っていただき、3人のルーツも追っていただき、詰め込めるものを全部詰め込んだみたいな映画になっています。みなさんおひとり、おひとりの感じ方は違うと思いますが、どれも正解だと思います。楽しんでいただけたら嬉しいです。

   ◆   ◆   ◆


■ドキュメンタリー映画『Kalafina 10th Anniversary Film ~夢が紡ぐ輝きのハーモニー~』


2週間限定ロードショー:3月30日(金)~4月12日(木)
配給:東宝映像事業部
(c) 2018「Kalafina 10th Anniversary Film」製作委員会
▼映画概要
3人が出合うことは奇跡という偶然ではなく、運命だったから、Kalafinaという音楽が存在するのも運命。
『空の境界』『魔法少女まどか☆マギカ』『Fate/stay night』などの人気アニメや、NHK総合テレビ「みんなのうた」、NHK歴史情報番組『歴史秘話ヒストリア』にも主題歌として楽曲が起用され、その一糸乱れぬ美しいハーモニーと圧倒的な歌声で幅広い世代の多くのファンを魅了し続ける3人組。澄んだ高音域を担当するWakana、低音でコーラスワークのボトムを支える役割を担うKeiko、広い音域を持ち、高音域から中音域を担当するHikaru。日本屈指の実力派3人から成るヴォーカルユニットだ。
映画では、世界遺産である日光東照宮や奈良興福寺で行ったライブ、全国12都市15公演をアコースティック形式で巡る秋冬ツアーなど、2017年の精力的な活動を中心に、2018年のデビュー10周年に行う日本武道館(2018年1月23日)記念ライブまでの約半年間に密着。
貴重なライブと共に、誰も見たことのないKalafinaの素顔に迫り、10年間の歩みを振り返りつつ、輝くハーモニーの秘密を紐解いていく。

この記事をツイート

この記事の関連情報