オーヴァーキル、アルバム2枚完全再現ライブをDVDに

ツイート

オーヴァーキルのライヴ作品『ライヴ・イン・オーヴァーハウゼン』が2018年5月18日に発売となる。

◆オーヴァーキル映像&画像

『ライヴ・イン・オーヴァーハウゼン』は、5thアルバム『HORRORSCOPE』(1991年)と1stアルバム『FEEL THE FIRE』(1985年)の2アルバムを全曲再現するという最初で最後のスペシャルライブの様子を収めたものだ。各作品の25周年と30周年を記念するものとして開催されたライブで、2016年4月16日にドイツのオーバーハウゼンにて撮影と録音が行なわれた。


「2枚のアルバムを連続で全曲再現しよう」というアイディアはバンド側から出たもので、「アルバム1枚の再現ライヴを記録するDVDというのはどのバンドも作っている。俺達は考え方を2倍にして1晩で2枚分をやることにした」とボビー“ブリッツ”エルズワース(Vo)が語っている。ラインナップはそのブリッツとともに38年にわたってバンドを引っ張ってきたD.D.ヴァーニ(B)、この20年のうちにバンドにすっかり定着したデイヴ・リンスクとデレク・テイラーというギター・チーム、そして当時のドラマーのロン・リップニッキの代役として加わっていたエディ・ガルシアの5人だ。

『HORRORSCOPE』は「ツイン・ギター=5人編成オーヴァーキル」による初めてのアルバムで、「コマ」「サンクス・フォー・ナッシング」「ホラースコープ」というオーヴァーキルのライヴでの重要な楽曲が収録されている。「フランケンシュタイン」はエドガー・ウィンターのカバーだが、オーヴァーキルのアルバム本編にカバー曲が収録されているのは今のところこれのみだ。そして『FEEL THE FIRE』は初期オーヴァーキルの4人編成で制作された作品で、オーヴァーキルの基盤であり、このデビュー作で示された彼ら固有のサウンドは、今もなおオーヴァーキル・スタイルに息づいている。

なお、アルバム2枚の完全再現を終えた後、決まって彼らのライヴの幕引きを担うSUBHUMANS(サブヒューマンズ)のカバー「ファック・ユー」を怒濤の勢いで披露している点も、ファン納得の一幕だ。

写真:Stephanie Cabral


オーヴァーキル『ライヴ・イン・オーヴァーハウゼン』

2018年5月18日 世界同時発売予定
【初回限定盤Blu-ray+2CD】GQXS-90320~2 / ¥7,500+税
【初回限定盤DVD+2CD】GQBS-90357~9 / ¥6,500+税
【通常盤Blu-ray】GQXS-90323 / ¥5,000+税
【通常盤DVD】GQBS-90360 / ¥4,000+税
【2CD】GQCS-90574~5 / ¥2,800+税
※日本語解説書封入
Blu-Ray/DVD〔2016年4月16日 ドイツ オーバーハウゼン公演〕
1.コマ
2.インフェクシャス
3.ブラッド・マネー
4.サンクス・フォー・ナッシング
5.ベア・ボーンズ
6.ホラースコープ
7.ニュー・マシーン
8.フランケンシュタイン(エドガー・ウィンター カヴァー)
9.リヴ・ヤング・ダイ・フリー
10.ナイス・デイ...フォー・ア・フューネラル
11.ソウリチュード
12.レイズ・ザ・デッド
13.ロッテン・トゥ・ザ・コア
14.ゼアズ・ノー・トゥモロウ
15.セカンド・サン
16.ハンマーヘッド
17.フィール・ザ・ファイア
18.ブラッド・アンド・アイアン
19.キル・アット・コマンド
20.オーヴァーキル
21.ファック・ユー(サブヒューマンズ カヴァー)
2枚組CD〔2016年4月16日 ドイツ オーバーハウゼン公演〕
CD1
1.コマ
2.インフェクシャス
3.ブラッド・マネー
4.サンクス・フォー・ナッシング
5.ベア・ボーンズ
6.ホラースコープ
7.ニュー・マシーン
8.フランケンシュタイン(エドガー・ウィンター カヴァー)
9.リヴ・ヤング・ダイ・フリー
10.ナイス・デイ ...フォー・ア・フューネラル
11.ソウリチュード
CD2
1.レイズ・ザ・デッド
2.ロッテン・トゥ・ザ・コア
3.ゼアズ・ノー・トゥモロウ
4.セカンド・サン
5.ハンマーヘッド
6.フリー・ザ・ファイア
7.ブラッド・アンド・アイアン
8.キル・アット・コマンド
9.オーヴァーキル
10.ファック・ユー(サブヒューマンズ カヴァー)

【メンバー】
ボビー“ブリッツ”エルズワース(ヴォーカル)
D.D.ヴァーニ(ベース)
デイヴ・リンスク(ギター)
デレク・テイラー(ギター)
エディ・ガルシア(ドラムス)

◆オーヴァーキル『ライヴ・イン・オーヴァーハウゼン』オフィシャルページ
この記事をツイート

この記事の関連情報