テイラーからコンパクトな12弦ギター、“12フレット×12ストリングス”モデル「352ce」&「362ce」

ツイート

“12フレット×12ストリングス”2モデルが、テイラーギターズの300シリーズから登場した。

レギュラー300シリーズのラインナップに新たに加わったのは、“12フレット×12ストリングス”の「352ce」&「362ce」モデル。コンパクトなグランド・コンサート(GC)シェイプに、12フレットジョイントネックと少し短い24-7/8インチスケールという仕様で、これまでの大きなボディの12弦ギターに比べ演奏性の高いモデルとなっている。また、コンパクトなボディにより倍音がコントロールされ、レコーディングや他の楽器との演奏にも適している。

「352ce」はバック&サイドがサペリ、トップはシトカ・スプルース。「362ce」はブラックウッドのサイド&バックにトロピカル・マホガニーのトップを組み合わせ。ピックアップはいずれもExpression System 2(ES2)を採用。ハードシェルケースが付属する。


▲352ce

▲362ce

製品情報

◆352ce
価格:325,000円(税別)
◆362ce
価格:345,000円(税別)
発売日:2018年3月31日より順次出荷
この記事をツイート

この記事の関連情報