【インタビュー】女子高生バンド・DROP DOLL「今年は勝負の年」

twitterツイート

メンバー全員がボーカルを担当するスリーピースの女子高生バンド、DROP DOLLが4月25日に2ndシングル「Little deep love song」をリリースする。授業が終わると即スタジオに直行。ひたすら練習に練習を重ねるライフスタイルはメジャーデビュー前と全く変わっていないということだが、そんな彼女たちの内側に秘めた熱さや一途さがダイレクトに伝わってくるのが今回の表題曲だ。甘酸っぱくもなく、ほっこりもしていないひりひりした片思いソングに出会った時、「自分たちらしい!」と思ったという3人。デビューして半年で、自分たちと同じ女子高生バンドを応援したいという意志のもと、早くもフェスを主催するなど、DROP DOLLのアクティブな動きに注目だ。

  ◆  ◆  ◆

■忙しいほうが嬉しい
■聴き終わった後に自分にとって大切な人に会いたくなる

──メジャーデビューして季節も冬から春に移り変わりましたが、意識やライフスタイルは変化しましたか?

J(Dr&Vo):毎日、学校が終わってから3人でスタジオに集まるっていう生活は何も変わっていないです。楽しいよね。

I(G&Vo):うん。変わったのは、以前は楽しくて音楽をやっている気持ちが大きかったけれど、たくさんの人にDROP DOLLの曲を届けたいと強く思うようになったというところです。自分たちの音楽で人と人の輪が広がっていったらいいなって。

J:ライブだったりラジオだったり、多くの人に曲を聴いてもらう機会が増えたからね。

U(B&Vo):メジャーデビューしていろいろな取材を受けたり、メディアに出る機会が増えて「どうしたら自分たちが思っていることや、やりたいことをたくさんの人たちに伝えられるのかな」って考えるようになりましたね。取り組み方が変わってきたというか。

▲I(G&Vo)

──学校との両立もあるし、かなり忙しくなったのでは?

I:はい。すごく充実していて楽しいです。忙しいほうが嬉しい。

U:もっともっと忙しくなりたい(笑)。

──ははは。前回、3人でディズニーシーに行った話をしてくれたけど、そんな時間なくなっちゃいましたね。

U:だいじょうぶです。スタジオがディズニーシーなので(笑)。

I:もはや夢の国だよね(笑)。

J:3人で音を出していると、とにかく楽しいんですよ。今日もお昼からスタジオに入って汗だくになってきました。

▲U(B&Vo)

──あいかわらず練習熱心ですね。ところで今回の衣装は黒でシースルーでオトナな感じじゃないですか。

U:そうなんですよ。前回は制服だったんですけど。

I:今回はロックな感じですね。女子高生だからとかじゃなくて「女子高生でもこんなにカッコよくなれるんだ」って思ってもらえたら嬉しいです。

U:曲調も含めて今回のシングル「Little deep love song」の世界観に合っていると思うんですよね。

▲J(Dr&Vo)

──確かに。「Little deep love song」は激しさも切なさもあるラブソングになりましたね。歌詞も一途さが刺さってくる。

J:好きな人と交わす言葉のひとことひとことがすごく大事だったり、一緒に過ごす時間が宝物だったり。自分の本当の気持ちを言えないもどかしさを抱えていて、ずっと一緒にいられないとわかっているのに心では求めてしまったり。そういう一途な想いを表現したくて、ライブでこの曲を演奏する時には激しくパフォーマンスするようにしていて、高い位置からスティックを振り下ろして頭を振りながら叩いています。目線でも「あきらめたくない」っていう気持ちを表現しているので、片思いしていない人も心がぎゅっとなる感じが伝わるようにと思っていつも演奏しています。

I:今回のシングルに収録されているのは“誰か”の存在に影響されて自分の気持ちが揺れ動く曲ばかりなんです。誰かの存在がないと今の自分はいないし、大切な人がいるのは当たり前じゃないっていうことや、その存在の大きさを全部詰めこんだ感じです。

U:2曲は恋愛ソングなんですけど、3曲とも違う視点で描かれているので、聴き終わった後に自分にとって大切な人に会いたくなるような。そんなCDになったんじゃないかと思います。

J:1人1人、大切な人って違うと思うんですけど、いろんなシチュエーションに当てはめて共感できるようなCDになっているので、そういう人を思い浮かべて聴いてほしいです。

◆インタビュー(2)へ
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報