パワーサプライ内蔵のプログラマブルループスイッチャー「“ENCOUNTER” VAPS-4」

twitterツイート

パワーサプライを内蔵した4ループタイプのプログラマブルループスイッチャー「“ENCOUNTER” VAPS-4」がVital Audioより登場、4月下旬より発売される。

ギターシールドの老舗ブランドとして長い歴史を持ち、現在ではエフェクトペダル用電源シリーズ「POWER CARRIER」でも好評のVital Audioが、新基軸として投入するのがプログラマブルループスイッチャー「ENCOUNTER(エンカウンター)」(型番:VAPS-4)。4ループ+チューナーアウトという使いやすい仕様で、5バンク×4パッチの計20プリセットが可能だ。


▲5バンク×4パッチの計20プリセット。4つのプログラムスイッチを挟む配置で左にバンク切り替え、右にミュート/チューナーアウトのスイッチを用意。

さらにパワーサプライ“POWER CARRIER”が内蔵され、ENCOUNTERスイッチャーに接続するエフェクトペダルへの電源供給も可能。パワーサプライ部はすべての出力がアイソレートされ、ノイズ干渉しにくい設計となっているのもポイントだ。9V/100mA×2ポート、9V/300mA×2ポート、9V/500mA×1ポートの出力を装備。さらに出力を分配して使えるように、3分岐するデイジーチェーンコードを1本付属。これにより、容量に余裕のあるポートを分岐させて、最大で7台までのエフェクトペダルへ電源供給することもできる(総電流容量は2,000mA)。

2016年7月からエフェクトペダル用パワーサプライのシリーズとして投入されたPOWER CARRIERシリーズに続き、エフェクトボードを構築するためのツールとして開発され、これらからエフェクトボードの構築をしようとしている人にとって、これが最高のスイッチャーとの出会いになることを願って“ENCOUNTER” (エンカウンター=出会い)と名づけられたこのアイテム。本体の外形寸法は336 (W)×76 (D)×46 (H) mm (突起含まず)。初回数量限定で、すぐにエフェクトボードの構築が始められるよう、Vital Audioのパッチケーブル「VA-Patch-F-0.3m S/L」が2本付属する。


▲4ループ+チューナーアウトに加え、エフェクトペダルへの電源供給も用意。付属の3分岐デイジーチェーンコードを使用すれば最大7台までのペダルに電源供給が可能。

製品情報

◆“ENCOUNTER” VAPS-4
価格:22,000円(税別)
発売日:2018年4月下旬
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報