浅草45、デビューイベントで活休発表。「方向性の違い」理由に

twitterツイート

4月1日に結成が発表された浅草45が、4月8日に行われたデビューイベントで活動休止を発表した。理由は「方向性の違い」としている。

◆浅草45 画像

浅草45のデビューイベントは昼の部と夜の部の2部が開催され、オープニングアクトとして9nineと、ベイビーレイズJAPANが出演することもあり、両公演ともチケット完売の大盛況ぶりとなった。

イベントでは、浅草45の4人組ユニット「ホッピー通り‘4」が「HOPPY7DAYS」と「充電満タンホッピーナイト」を。5人組ユニット「ひさご通り’5」が「ひさごトラベラー」と「Hisago kiss」を披露。その後、9人全員で「アサクサ☆2NIGHT」と「ゲートオブザサンダー」を全力でパフォーマンスし、お披露目イベントとは感じられないほどに、会場は大きな歓声で包まれた。



活動休止が発表されたのは、夜の部の公演終盤。昼の部同様に、パフォーマンスは大いに盛り上がり、メンバー間の関係も良好に見えた。そんな中、MC中にリーダーの純白・エリカが「私たち浅草45は活動を休止します。理由はメンバーの方向性の違いです。」と突如発表。ステージ上のメンバーは涙ぐみ、客席からは「やめないでー!」との声が飛び交った。

挨拶を終え、メンバーがステージから退場するやいなや、「フォーティーファイブ!フォーティーファイブ!」のアンコールが起こると、メンバーたちが再びステージに登場。そこでメンバーのりかちゃむ卍から、さらに衝撃の発表が。

「実は、浅草45のメンバーは、9nineとベイビーレイズJAPANのメンバーでした。今まで黙っていてすみませんでした。」

エイプリルフールからはや一週間、合間にインタビューも挟みつつ濃すぎる個性で周囲を楽しませてくれた彼女たちだったが惜しまれつつの活休となった。今回の浅草45のキャラクターは各メンバーが自分たちで考えたものだという。解散ではないということなので、今後、またどこかで浅草45のメンバーが“復活”することも期待しておきたい。


◆浅草45 オフィシャルサイト
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報