フリートウッド・マック、リンジー・バッキンガムがツアー不参加。脱退の噂も

ツイート

フリートウッド・マックは月曜日(4月9日)、この秋開催する予定のツアーにギタリストのリンジー・バッキンガムが参加しないことを発表した。

◆フリートウッド・マック画像

脱退したとも噂されているが、バンドはそのことには触れず、「リンジー・バッキンガムはこのツアーでバンドとパフォーマンスしない。バンドはリンジーの幸運を祈っている」との声明を出したという。

バッキンガムの代わりに、ツアーにはトム・ペティ&ザ・ハートブレイカーズのギタリスト、マイク・キャンベルとクラウデッド・ハウスのニール・フィンが参加するそうだ。

英国の新聞『The Guardian』によると、ミック・フリートウッドは「それぞれの才能を独自にブレンドしパフォーマンスする曲の素晴らしいコレクションこそがフリートウッド・マックだ。マイクとニールとジャムしてみて、僕らのケミストリーは本当に良く、これはフリートウッド・マックのスタイルで先に進めるに相応しい組み合わせだと実感させられた。何か新しいものになるのは承知しているが、それでも、マック独自のサウンドがある」とコメントしているという。

またこの日、バンドのFacebookのプロフィール写真がメンバーのものからペンギンのイラストに変更された。



『Variety』誌はこの発表がなされる直前、関係者からの話として、バッキンガムがバンドから解雇されたと伝えていた。



Ako Suzuki
この記事をツイート

この記事の関連情報

TREND BOX

編集部おすすめ

ARTIST RANKING

アーティストランキング

FEATURE / SERVICE

特集・サービス