NGT48北原里英、<東京・春祭り>で都内ラストステージ

twitterツイート

NGT48が4月11日、東京・代々木公園野外ステージにてフリーライブ<NGT48 東京・春祭り>を開催した。

◆<NGT48 東京・春祭り>画像

3rdシングル「春はどこから来るのか?」の発売日となるこの日、東京に集まったメンバーたちは朝からラジオ番組への生出演やCDショップでの一日店長、ノベルティお渡し会、PRカーに乗っての宣伝活動など、さまざまな形で新曲をアピール。夕方には代々木公園野外ステージに集合し、ファン2,000人を前に熱いパフォーマンスを披露した。

「Overture」から幕を開けたフリーライブでは、「NGT48」「君のことが好きだから」「Maxとき315号」といった自身のオリジナル曲やAKB48のヒットナンバーなどが披露され、当初はスケジュールの都合で出演できない予定だった柏木由紀や中井りかもサプライズで急遽パフォーマンスに参加。MCでは各メンバーが朝からのキャンペーンの模様を振り返り、この日限りでTwitterで募集したメンバーへのメッセージも紹介されるなど盛り上がりを見せた。


そんな中、スタッフからのメッセージカードを受け取ったキャプテン・北原里英からは「今日リリースのサードシングル「春はどこから来るのか?」の4月10日付けオリコンデイリーランキングが出ましたので発表させていただきたいと思います……第1位でーす!!」と嬉しいアナウンスも。メンバーは飛び跳ねて喜び、会場中から割れんばかりの拍手喝采が送られる中で同曲のパフォーマンスが披露され、フリーライブは大団円を迎えた。



4月14日に新潟・朱鷺メッセで開催される卒業コンサートと4月18日にNGT48劇場で行なわれる卒業公演をもってNGT48、そしてAKB48グループを卒業する北原にとって、この日のライブは東京での最後のライブパフォーマンスとなる。1期生24人全員が選抜となった初めてのシングルが1位を獲得という朗報の中、メンバーやスタッフ、会場に集まったファン誰しもの心に刻まれるであろうメモリアルなステージとなった。

NGT48は、2018年4月12日でシングル「青春時計」でのメジャーデビューから1周年を迎える。

twitterこの記事をツイート
365日、アイドルが作るアイドルメディア Pop'n'Roll 準備号創刊

この記事の関連情報