マニック・ストリート・プリーチャーズ「ガンズ・アンド・ローゼズのサポート、楽しみ」

ツイート
Photo by Alex Lake

マニック・ストリート・プリーチャーズは、6月にヨーロッパで開かれるガンズ・アンド・ローゼズの公演にオープニング・アクトとして参加するが、それは、ダフ・マッケイガンから誘いがあったからだという。

◆マニック・ストリート・プリーチャーズ画像

シンガーのジェイムス・ディーン・ブラッドフィールドは、『Irish Times』紙のインタビューでこう話した。「僕がダフ・マッケイガンと知り合いなんだ。一緒にプレイしたこともある。連絡取り合ってるんだ。彼は本当にナイスでクールな野郎(dude)だ。僕はdudeって言葉あまり使わないんだけど、ダフ・マッケイガンみたいな人には相応しい」

「(オープニング・アクトに)誘われたとき、僕ら、ものすごく興奮した。やるって決めたとき、“マニック・ストリート・プリーチャーズはかつてガンズ・アンド・ローゼズより売れたがっていたくせに、サポートに終わったな”なんてネガティブな記事が頭に浮かんだけどさ。だから、どうした。僕らは楽しみにしている。ガキ、ティーンエイジャーみたいになるんじゃないかな。友人が去年、観に行って、アクセル・ローズはとんでもなく良かったって言ってた」

ガンズ・アンド・ローゼズの<Not In This Lifetime…>ヨーロッパ・ツアーは6月3日にスタート。マニック・ストリート・プリーチャーズは初日に始まり、ドイツ、デンマークの2ヵ国3公演に参加する。

マニック・ストリート・プリーチャーズは今週金曜日(4月13日)、13枚目のスタジオ・アルバム『Resistance Is Futile』をリリースする(日本盤18日発売)。

Ako Suzuki
この記事をツイート

この記事の関連情報