【短期連載】<SXSW>漫遊記 第三回、「“JAPAN NITE”に長い列」

twitterツイート

世界63ヶ国のアーティストが出演している<SXSW>のミュージックフェスティバルでは、米英にとどまらない世界各国のアーティストを、国ごとに紹介するショウケースライヴが開催されている。

◆SXSW (サウス・バイ・サウスウエスト) 画像

その中で最大のショウケースは、毎年ダウンタウンにあるLatitude 30というヴェニューで5日間ぶっとおしで開催される『British Music Embassy』だろう。2018年もジェイド・バード、IDLES、スーパーオーガニズムら、多くの新人が出演した。そこで多くの<SXSW>参加者がUKシーン期待の新人をチェックにしたに違いない。筆者もサウス・ロンドンの女性4人組、ゴート・ガールの不機嫌を装いながら、初々しさが滲み出るちょっと不思議な佇まいのライヴを見ることができたが、そんな国名を冠にしたショウケースライヴに先鞭をつけたのが、<SXSW ASIA>が主催している『JAPAN NITE』だった。




   ◆   ◆   ◆

1996年から毎年開催されている『JAPAN NITE』には第1回目に出演したロリータ18号の他、これまでCocco、ナンバーガール、Love Psychedelico、氣志團ら、多くのアーティストが出演。早いうちから<SXSW>を代表するイベントとして人気を集めてきた。因みに、20回も<SXSW>に足を運びながら、実は筆者は一度も『JAPAN NITE』に参加したことがない。理由はいろいろある。

ミュージックフェスティバルが一番盛り上がる金曜日の夜に開催されるため、その他の見たいライヴとバッティングすることが多く、どっちを見るか?!となったとき、日本で見られるアーティストよりも海外のアーティストのライヴを選んでしまうことがまずひとつ。もちろん、日本のアーティストがほぼ現地の観客ばかりという会場でどんなふうに受け入れられているのか、自分の目で確かめたいという好奇心もあるが、人気イベントだけに見たいアーティストの出演時間に行っても、会場がいっぱいで入れないんじゃないかと思うと、残念ながら足は遠のいてしまう。

初開催から22年。2018年も会場の外にできる入場待ちの長い列を目の当たりにして、筆者は『JAPAN NITE』の変わらぬ人気を改めて実感した。固定ファンもついているという『JAPAN NITE』、いつか参加してみたいと思いながら2018年もまた参加できずじまいだったが、『JAPAN NITE』の前日(15日)の昼間、ダウンタウンで『Japan Preview DAY show』というイベントが開催されると聞き、日本のアーティストの活躍も<SXSW>のトピックのひとつ。せっかくなら、それもレポートしたい。

◆レポート(2)へ
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報

TREND BOX

編集部おすすめ

ARTIST RANKING

アーティストランキング

FEATURE / SERVICE

特集・サービス