【ライブレポート】ブルーノ・マーズ、これぞ“今もっとも世界が求めるアーティスト”のステージ

twitterツイート


ブルーノ・マーズのジャパンツアー<BRUNO MARS 24K MAGIC WORLD TOUR 2018>が4月11日から15日にかけて、さいたまスーパーアリーナにて開催された。2016年11月に4年ぶりとなる待望の3rdアルバム『24K MAGIC』をリリースし、デビュー以来3作連続でプラチナムセールスを記録し、今年1月に開催された『第60回グラミー賞』では主要部門の年間最優秀レコード、年間最優秀アルバム、年間最優秀楽曲を含む7部門を受賞したブルーノ。そんな最高の状況下に実現した今回の来日公演は、追加公演を含む全4公演がソールドアウトを記録とあって、筆者が観覧した4月12日の公演も女性を中心に幅広い年代の観客が客席を埋め尽くしていた。

  ◆  ◆  ◆

場内にはステージと思わしき正方形状のステージが設置され、その3方(正面と左右)が暗幕で隠されている。また、こういった大きな会場には当たり前のように設置されているスクリーンがないことに気づき、ここからどんなステージが繰り広げられるのかとワクワクしているところに場内が暗転。すると、ボコーダーを使った歌声が場内に流れ始め、オーディエンスの熱気は一気に上昇する。「Are You Ready?」、「Let Me Hear You Scream」などといったシンプルなフレーズで観客を煽ったところで幕が降りると、そこにはバンドメンバーとともに満面の笑みを見せるブルーノの姿が。ステージの縁がカラフルに点灯するほか、ステージ後方がカラーバーで明るく照らすというポップな空気感の中、ブルーノは最新シングル「Finesse」からライブをスタートさせた。

赤いベースボールシャツにショートパンツ、キャップというスポーティーな姿のブルーノは、時に力強く、時に優しさと切なさを兼ね備えた唯一無二の歌声とキレの良いダンスで熱狂的なオーディエンスをさらに沸かせていく。また、曲中では男性コーラスメンバーやギタリスト&ベーシストとともに息の合ったダンスフォーメーションを見せ、観客を釘付けにさせた。

2曲目には早くも最新アルバムのタイトルトラック「24K Magic」が登場。すると、ステージ上方から巨大な「XXIV」電飾が降りてきて、ステージはさらに派手さを増す。さらに、曲の要所要所で派手なパイロ演出が多数用いられ、全米、いや世界トップクラスのアーティストならではの豪華なステージングに驚かされるばかり。観客は大合唱で応える熱狂ぶりを見せ、曲を重ねるごとに会場の一体感はどんどん高まっていく様が伺えた。



2曲終えたところで、ブルーノは「4公演もこの会場でパフォーマンスができて、とても嬉しい」と挨拶。そのまま「Treasure」に突入すると、ステージ背面のLEDスクリーンが稼働し、ブルーノの姿が映し出される。会場に入ってからスクリーンがないことが気になっていたが、この正方形状のステージにすべての演出要素が凝縮されていることに改めて驚かされる。続く「Perm」ではブルーノとバンドメンバー上手、下手へと移動して3カウントで観客をジャンプさせるなどして、オーディエンスとコミュニケーションを図る。また、「Calling All My Lovelies」ではギターを抱えたブルーノがメロウなソロプレイを披露したほか、曲後半では「君に会いたいよ、とっても」と日本語で歌うサプライズも。この日本のファンへのプレゼントに、場内は歓喜の渦に包まれた。

その後も「Chunky」では観客一人ひとりに語りかけるように歌い、「That’s What I Like」ではセクシーな腰使いのダンスと日本語での「愛してます」で会場のファンをノックアウト。そして、セクシーなミディアムチューン「Versace On The Floor」では場内がスマホのLEDライトの明かりに包まれ、幻想的な世界が作り上げられる。一方で、再びギターを手にした「Marry You」では豪快なバンドサウンドで、クールダウンした会場の雰囲気を再度ヒートアップ。この曲の後半では、プリンスの「Purple Rain」を彷彿とさせるギターフレーズも飛び出し、会場の熱気も一段と高まっていく。



そこからドラムソロに突入するのだが、ここではブルーノや他のメンバーがステージ上に残ったまま、ドラマーのソロプレイを盛り上げる。そこからロック色の強い「Runaway Baby」へとなだれ込むと、オーディエンスの熱狂ぶりはさらに加速。かと思うと、「When I Was Your Man」では繊細なピアノをバックに切なげな歌声を響かせるブルーノを前に、ある人は静かに聴き入り、ある人は我慢できずに熱い声援を送るなど、さまざまな感情表現をしてみせる。そして、アップテンポな「Locked Out Of Heaven」で会場が巨大なダンスフロアと化すと、クライマックスで場内に金の紙吹雪が吹き上げ、ブルーノの「一緒に歌おう!」を合図に代表曲「Just The Way You Are」へと続ける。この日一番の大合唱を前に、ブルーノも、そしてフロアのオーディエンスも最高の笑顔を見せたところで、ライブ本編は終了した。

再び暗幕がステージを覆う中、会場中にアンコールを求める声援やハンドクラップが鳴り響く。すると、「One More?」とブルーノの声が場内に響き渡り、観客は再び熱狂的な声を上げ、これに応えるかのように幕が再度上がると、マーク・ロンソンとの共演でおなじみのメガヒット曲「Uptown Funk」に突入。歓喜の声援と盛大なシンガロング、そして熱狂的なダンスで感情表現する観客を前に、ブルーノも一段と熱のこもった歌とダンスで応え、約90分にわたる一大エンタテインメントショーは幕を閉じた。

ライブを観終えて気づいたのだが、この日披露された楽曲の大半を口ずさめた。その大半がヒットシングルということも大きいが、さらに彼のヒット曲はこれ以外にもまだまだたくさんあることにも驚かされる。そして、シンプルながらも派手という手の込んだ演出の数々にも目を見張るものがあった。これがワールドワイドクラスのエンターテイナーによるステージなのかと圧倒されると同時に、それが成立するのはブルーノの唯一無二の歌声と楽曲の良さという大前提があってのことだと気づかされたのも事実だ。今もっとも世界が求めるアーティストのステージを観たのだ、という喜びを噛み締めながら帰路に着いたのは言うまでもない。



今回の来日公演にあわせ、最新アルバム『24K MAGIC』に特典Blu-rayディスクを同梱したデラックス・エディションも発売中。このBlu-rayディスクには、昨年9月にニューヨークの音楽の殿堂=アポロシアターにて行われたスペシャルライブの模様が収められている。今回の来日公演に足を運んだ人は、この映像であのライブの興奮を反芻するもよし。また、残念ながらライブに行けなかった人は、このBlu-rayディスクを通じてブルーノ圧巻のパフォーマンスを体験してみることをオススメする。

取材・文◎西廣智一
※写真は4月11日公演の模様

  ◆  ◆  ◆

<セットリスト>

01. Finesse
02. 24K Magic
03. Treasure
04. Perm
05. Calling All My Lovelies
06. Chunky
07. That’s What I Like
08. Versace On The Floor
09. Marry You
10. Runaway Baby
11. When I Was Your Man
12. Locked Out Of Heaven
13. Just The Way You Are
-ENCORE-
14. Uptown Funk

『24K Magic(Deluxe Edition) / 24K・マジック(デラックス・エディション)』

【CD+Blu-Ray】【日本独自企画商品】
2018年4月11日発売
品番:WPZR-30794/95
定価:\3,889+税

最新ヒット「フィネス(リミックスfeat.カーディー・B)」追加収録
2017年9月に行われたNYアポロシアターでのスペシャル・ライヴを収録したBlu-Ray付

▼DISC 1: CD
M-1, 24K Magic / 24K・マジック
M-2, Chunky / チャンキー
M-3, Perm / パーマ
M-4, That's What I Like / ザッツ・ホワット・アイ・ライク
M-5, Versace On The Floor / ヴェルサーチ・オン・ザ・フロア
M-6, Straight Up & Down / ストレイト・アップ・アンド・ダウン
M-7, Calling All My Lovelies / コ-リング・オール・マイ・ラヴリーズ
M-8, Finesse / フィネス
M-9, Too Good To Say Goodbye / トゥー・グッド・トゥ・セイ・グッバイ(さよならは言えなくて)
M-10, Finesse(Remix) [Feat. Cardi B] / フィネス(リミックス) feat.カーディ・B(* Bonus Track)

▼DISC 2:Bru-Ray
アポロ・シアターでのライヴ映像

Good Morning Harlem / グッド・モーニング・ハーレム
24K Magic / 24K・マジック
Finesse / フィネス
Perm / パーマ
Chess in Harlem / チェス・イン・ハーレム
Calling All My Lovelies / コーリング・オール・マイ・ラヴリーズ
Chunky / チャンキー
Treasure / トレジャー
That's What I Like / ザッツ・ホワット・アイ・ライク
Straight Up & Down / ストレイト・アップ・アンド・ダウン
Versace On The Floor / ヴェルサーチ・オン・ザ・フロア
Sylvia's Soul Food / シルヴィアズ・ソウル・フード
Uptown Funk / アップタウン・ファンク
Credits / クレジット

詳細:https://brunomarsJP.lnk.to/24kmagic_dxPu

twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報

amazon