【インタビュー】DIR EN GREY、結成20周年のシングル『人間を被る』

twitterツイート

■『人間を被る』はシングルなので今の自分たちを表す1曲になる
■アレンジもシングルを見据えて進めたところもあります


──ここからはニューシングル『人間を被る』について聞かせてください。皆さんは今回の新曲を制作する際、どのようなモードで向き合いましたか?

Die:アルバムを見据えての曲作りは2017年からやっていたので、その流れですね。シングルというのはとりあえず置いておいて、ずっと曲は作っていたので、その中でシングルにするとしたらどの曲にしようかなと、何曲か選びつつ。かつ、シングルなので今の自分たちを表す1曲になるわけです。そういう意味で、見られ方とかも含めて、どういう攻め方をしたらいいのかなと、アレンジもシングルを見据えて進めたところもあります。そこでは長尺の曲にしようというのはまったくなくて、もちろんバラードでもなく、単純にシンプルで五人それぞれの音を太く、しっかり存在を見せていくような曲をイメージして、だいぶ無駄を削ぎ落とした感じです。曲も短いですし。でも、やっぱりシンプルというものに対して、自分たちの中でのジャッジがすごく難しくて。最初にデスクトップ上だけで作っていると、その中だけの世界でしかないので、最終的にミックスやマスタリングといったところまでを見据えて作業するのがすごく大変でした。

──曲がシンプルやコンパクトというと、『ARCHE』以降そういう流れにありますよね。

Die:そうですね、そこはみんな共通していて。『DUM SPIRO SPERO』が音数のとんでもない、すごく構築されたアルバムでしたけど、足していけばああいう雰囲気に持っていけるというのを自分たちが一回経験した。なので、今度は音を間引く作業ということに挑戦したくなるわけです。引き算というのは空間を作る作業でもあるわけで、すごく難しいんですよ。だから次の自分たちのステップというが、いかに空間も音として捉えて出していけるかというところ。となると、グルーヴの作り方も重要になってくるので、そこがこれからの自分たちの課題かなと。


▲『人間を被る』【完全生産限定盤】


▲『人間を被る』【初回生産限定盤】


▲『人間を被る』【通常盤】

──ちなみに、この曲の原曲はどなたが?

Die:これは薫くんで、はじめはもうちょっといろいろ展開があったのかな。かなりアレンジが変わったので、元がどんなだったか、もはや思い出せなくて(笑)。最終的にはリフもシンプルになりましたね。『DUM SPIRO SPERO』のときはトラック数が多すぎたので、バンドだけのサウンドだけじゃ成立しないし、しかも凝りすぎて難しすぎたんですよね。やっぱりデスクトップ上だけでやりすぎると、いざプレイするときにすごく難しい。それに、チューニングも低くなったぶん、ライブになるともっとタイトに作っていかないと何をやっているかわからなくなってくるんですよね。そこを経ての『ARCHE』であって、今度はもっとシンプルでソリッドな方向にシフトした。それもあってか、『DUM SPIRO SPERO』のときはメタル色があったんですけど、最近の音作りはメタルの作り方ではなくなってきているんです。

──確かにそうかもしれないですね。

Die:仮に海外の有名なミックスエンジニアに頼んだら、ある程度答えが見えますよね。今はそことは違うサウンドを自分たちが求めているんです。なので、今回は新しい刺激、新しい音を求めたくて違うエンジニアさんに頼んでいる。これが良かったらアルバムもお願いしようかなと考えているところです。


▲Shinya

──そこは実験しつつ。

Die:はい。いきなりアルバムで全部試して後戻りできなくなっても困るので、こういうときに冒険してみようかなと。

──さっきShinyaさんがドラムの音数の話をしていましたけども、今回の「人間を被る」に関してはドラミングで新たな試みはありましたか?

Shinya:ここ2年くらい一連のツアーを続けてきて、ドラム的には次から細かくなくてシンプルにいきたいなという意識があったんですけど、この曲だけはあんまりそうはできなかったです(笑)。デモの段階でわりと普通のビートがなくて、シンプルにできなくて。でも、自分的には好きなドラミングなので、自分らしさは出ているかな。アルバムではもうちょっとシンプルにしたいですね。

──カップリングには「Ash」のリメイクバージョンが収録されていますが、かなり現代的に生まれ変わっていますね。

Die:今年はじめに出したベスト盤の中で録り直した3曲(「腐海」「THE IIID EMPIRE」「Beautiful Dirt」)をプリプロしていたときに、「Ash」も手をつけていたんです。でも曲自体が古いし、アレンジも曲の長さも今とはちょっとかけ離れた部分もあるので、一旦保留していたんですよ。でも、逆にこの機会じゃないと収録できないかなというのがあったので、ちょっとアレンジし直してギュッとさせて。とはいえ、展開が結構多いですけどね(笑)。


▲薫

──とはいえ、昔よりだいぶコンパクトになりましたよね。

Die:ですね。それで、今の自分たちの7弦ギターを使ったサウンドメイクでレコーディングしてみたら、絶対に変わるだろうなというのがあったので。

──意外な選曲だったので、驚きました。

Die:そうですよね。「人間を被る」の次に来る曲としたら、これぐらいのインパクトがないと。

──Shinyaさんは久しぶりに「Ash」をプレイしてみていかがでしたか?

Shinya:「Ash」はこれが4回目のレコーディングで。

Die:そんなにやってたっけ?


▲Toshiya

──2000年発売のシングル『脈』に収録されたときですら、すでに3回目だったんですね。

Shinya:過去の「Ash」のレコーディングのことは全部覚えていて、それを思い出しながら叩きました。ライブでは最近全然やっていないんですけどすごく体に馴染んでいて、構成が減っているのに練習中は前の構成で叩いてしまったりしました。

Die:ライブでどれぐらいやってないかな。

Shinya:15年はやってないんじゃない?

Die:最後にやったの、覚えてないもんな。

Shiya:たぶん『鬼葬』のツアー以来かな。

Die:前回リメイクしたときのことをよく覚えていて。そのときのレコーディングが、頭から最後までワンテイクでガーッと弾ききって、間違ったところだけ直すやり方だったんですけど、ライブのようにミスったらいかんみたいな緊張感があるんですよ。すごく良いレコーディングの仕方だったなって。それを思い出しましたね。

──この2曲が並ぶインパクトは、シングルとしては強力なものがありますよね。そこに「詩踏み」のライブテイクが続くという。この曲もライブで毎回のように演奏されることで、曲自体が成長した印象がありますよね。

Die:ですね。今ではみんな、クリックを聴かないで演奏するようになったので、原曲とはテンポ感もすごく変わってきて、それをここでパッケージしようかなと思ったんです。

──特典のDVDやBlu-rayには2016年~2017年のツアーから、『ARCHE』収録曲のライブ映像が収められていますが、ここでも曲の成長を体感できます。

Die:これは全部、時系列順に収録されているんです。だから映像をチェックしていたら、俺、髪の毛がどんどん伸びてるなって(笑)。当たり前なんですけど、それが印象に残りましたね。特に2014年の映像からも1曲入っているから、余計にね。

──これはかなり見応えがありそうですね。さらに今回は、アートワークも非常に強烈です。

Die:これは京のアイデアなんですけど。このテーブル上のカプセルの中に座っている人がね、撮影中ずっと入っているんですよ。100kgあるらしくて、密閉されているから相当暑そうで、その汗をかいた姿を五人で囲みながら見ているというのが妙な空間やなと思って(笑)。この場面はMVにも使われているので、すごいことになっていると思いますよ。

──ちょうどこのインタビューが公開される頃には新たなツアー『DIR EN GREY TOUR18 真世界』も始まっています。テーマが決まっていた2017年までとは異なり、今回はなかなか想像できない感じですが。

Shinya:やっぱり久々というのもあるし、セットリストも面白い感じになっているので、どんな反応が来るのか楽しみですね。

Die:2017年までのツアーが日常的だったんで、半年も空くとすごく飢えますよね。変な話、この半年バンドで合わせていないんですよ。曲は作っているんですけど、まだデスクトップ上でのことなので、スタジオに入ってないんです。

──それは飢えますよね。

Die:全然デカイ音で鳴らしてないので、そこらへんの空気感がメンバーそれぞれ出ると思うんです。日常化していたから空けないと変化しないのかなとも思ったし、ファンとの距離感もここで一回空けて、次を見せるために空気を入れ替える作業をして、さらに新しい音を作る作業もしなくちゃいけなかったので、こういう機会も必要だったのかなと。まだリハーサルに入って3日目(※取材時)なんですけども、もうちょっとリハビリが必要で(笑)。でも、ずっと地下での作業が続いていたので、気持ちはやっと地上に上がれるんだみたいな喜びもありつつ、ライブで爆発できたらいいなと思ってます。

──5月1日にツアーが一旦終わると、ちょっと時間が空いて6月末に追加公演。その前後は制作を続けるわけですよね。

Die:そうです、すぐにスタジオに戻って。今年はこれだけでは終わらないですよ。このツアーの感覚が制作にも作用してくれたらいいなと思いますし、すごく良い雰囲気で楽曲ができているので、なんとか締切までに完成させられたらいいなと思ってます(笑)。

──正直、「人間を被る」1曲だけでは次のアルバムの方向性は占えないですし。

Die:こことはまったく違う方向性になっているかもしれないですし。これがヒントになるかは、まだ自分たちもわからないですけど、まあソリッドというのがひとつ音の作り方のキーワードではあると思うので、楽しみにしていてください。

取材・文●西廣智一

リリース情報

29th SINGLE『人間を被る』
2018.4.25 RELEASE
【完全生産限定盤】
CD+Blu-ray SFCD-0222~223 ¥5,500 (tax out)
CD+DVD SFCD-0224~225 ¥4,500 (tax out)
[DISC 1 : CD]
1. 人間を被る
2. Ash
3. 詩踏み [LIVE]
Live Take at Zepp Tokyo on October 12, 2017
[DISC 2 : Blu-ray or DVD]
01. Chain repulsion
TOUR14 PSYCHONNECT -mode of “GAUZE”?-
2014.08.30 新木場STUDIO COAST (追加公演)
02. 禍夜想
TOUR16-17 FROM DEPRESSION TO ________ [mode of VULGAR]
2016.07.01 新木場STUDIO COAST
03. Phenomenon
TOUR16-17 FROM DEPRESSION TO ________ [mode of DUM SPIRO SPERO]
2016.09.23 ホクト文化ホール
04. Un deux
TOUR16-17 FROM DEPRESSION TO ________ [mode of 鬼葬]
2016.11.08 CLUB CITTA’ [FEMALE LIMITED] -「a knot」 & ONLINE only-
05. Revelation of mankind
TOUR16-17 FROM DEPRESSION TO ________ [mode of UROBOROS]
2017.02.10 東京国際フォーラム・ホールA
06. Midwife
TOUR16-17 FROM DEPRESSION TO ________ [mode of THE MARROW OF A BONE]
2017.04.18 Zepp Nagoya
07. 鱗
TOUR16-17 FROM DEPRESSION TO ________ [mode of MACABRE]
2017.07.26 中野サンプラザ
08. Sustain the untruth
TOUR16-17 FROM DEPRESSION TO ________ [mode of Withering to death.]
2017.10.12 Zepp Tokyo -「a knot」 & ONLINE only- (追加公演)
<IN-STUDIO FOOTAGE>
人間を被る (Scenes From Recording)

【初回生産限定盤】
CD+DVD SFCD-0226~227 ¥1,800 (tax out)
[DISC 1 : CD]
1. 人間を被る
2. Ash
3. 詩踏み [LIVE]
Live Take at Zepp Tokyo on October 12, 2017
[DISC 2 : DVD]
01. Un deux
TOUR16-17 FROM DEPRESSION TO ________ [mode of 鬼葬]
2016.11.08 CLUB CITTA’ [FEMALE LIMITED] -「a knot」 & ONLINE only-
02. Revelation of mankind
TOUR16-17 FROM DEPRESSION TO ________ [mode of UROBOROS]
2017.02.10 東京国際フォーラム・ホールA
03. Sustain the untruth
TOUR16-17 FROM DEPRESSION TO ________ [mode of Withering to death.]
2017.10.12 Zepp Tokyo -「a knot」 & ONLINE only- (追加公演)
<IN-STUDIO FOOTAGE>
人間を被る (Scenes From Recording)

【通常盤】
SFCD-0228 ¥1,200 (tax out)
DISC 1 : CD
1. 人間を被る
2. Ash
3. 詩踏み [LIVE]
Live Take at Zepp Tokyo on October 12, 2017

ライブ・イベント情報

「TOUR18 真世界」
2018年4月25日(水) 【大阪府】 なんばHatch SOLD OUT
2018年4月26日(木) 【大阪府】 なんばHatch SOLD OUT
2018年4月28日(土) 【宮城県】 仙台銀行ホール イズミティ21 SOLD OUT
2018年5月1日(火) 【愛知県】 Zepp Nagoya SOLD OUT
2018年6月29日(金) 【東京都】 新木場STUDIO COAST -「a knot」only- (追加公演)

<29th SINGLE『人間を被る』発売記念LIVE>
2018年6月30日(土) 【東京都】 新木場STUDIO COAST (追加公演)

◆インタビュー(1)へ戻る

関連画像&映像

◆DIR EN GREY 画像&映像
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報