アンプモデラー/プロファイラー使用ギタリスト向けアクティブ・ギタースピーカー・システム「Powercab 112」

twitterツイート

ギターアンプを忠実に再現するアンプモデラー/プロファイラーを使用するギタリストに最適なアクティブ・ギタースピーカー・システム「Powercab 112シリーズ」がLine 6から登場。5月25日より発売される。

「Powercab 112シリーズ」は、モデラー/プロファイラー、アンプシュミレーション・ペダルなどと組み合わせることで、本物のギター・アンプと同様のリアルなサウンドとフィーリングを提供する1×12インチのアクティブ・ギタースピーカー・システム。

70Hz~20kHzのニュートラルな周波数特性を実現するフラット・モードで手持ちのモデラー機器上で作成したサウンドをダイレクトに出力することが可能。また、著名なスピーカーからモデリングされた6種類のスピーカー・モードを搭載し、ユーザーが衣装するモデラー内のキャビネット・モデリングと入れ替えて使用することもできる。これらはボタン一つで切り替え可能。また、ギター用スピーカーの迫力とダイナミックなレスポンスを、PA用スピーカーに匹敵するワイドなレンジで実現している。


▲リアパネルのMODEボタンでフラット・モードと、6種のスピーカー・モードの切り替えが可能。傾斜を付けられるキックスタンドも装備。

本体なスタイリッシュなカバー素材やグリルクロスなどの外観を持ち、モニタースピーカーとしても使用できるよう、ギタリスト側に傾けられるキックスタンドを装備。中小規模のライブ会場に十分な大音量を実現する250Wアンプを搭載しながらも、約16kgと軽量で堅牢、かつ持ち運びに適したコンパクトなサイズのボディにより、パフォーマンス派のギタリストに最適な仕様となっている。

ラインナップは、「Powercab 112」と「Powercab 112 Plus」の2モデル。「Powercab 112」はTRS/XLR入力とXLR出力を用意。「Powercab 112 Plus」はこれらに加えて、AES/EBUデジタルI/O、「Helix」などとデジタル・オーディオの送受信が可能なL6 Link端子、インパルス・レスポンス(IR)のロード/保存機能、オーディオ・インターフェイスとして使用可能なUSB端子、LCDディスプレイなどの追加機能を搭載する。


▲Powercab 112のサイズは566(W)× 462(H)×305(D)mm、重量は15.8kg。


▲Powercab 112のリアパネル。ボリュームとモードボタン、LOW CUTおよびGROUND LIFTスイッチ、XLR入出力を用意。


▲Powercab 112 Plusのサイズは566(W)× 462(H)×305(D)mm、重量は16.3kg。


▲Powercab 112 Plusのリアパネルには112同様のコネクタに加え、USB、L6 LINK/AES入出力、MIDI入出力が追加されている。

製品情報

◆Powercab 112
価格:オープン
◆Powercab 112 Plus
価格:オープン
発売日:2018年5月25日
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報