starRo、「HANG OVER feat. Sik-K、鋼田テフロン、ROMderful」を5月2日デジタルリリース決定&本日先行MV公開

ツイート

2017年度グラミー賞ノミネートアーティスト“starRo”が、去年末から継続で配信リリースしている続編の発売が決定。今作は3月14日(水)リリースのstarRo 配信シングル「HANG OVER feat. KID FRESINO, 鋼田テフロン」のリミックス曲となる。

客演にはアジアで最も勢いのある韓国ヒップホップ/R&BシーンからLAシーンまでオンタイムで世界水準の楽曲を発信しているJay Parkが主催するレーベル“H1GHR MUSIC RECORDS”所属のニュースターSik-Kが参加。Sik-Kは名実共に韓国ヒップホップシーン最注目の存在となっており、ラップから歌までこなす実力と、等身大のメロウなスタイルが世界中の同年代から支持されている。

▲Sik-K

LAのスタジオでstarRoとセッション中にオリジナルのトラックを聴いたSik-Kがトラックとフックに衝撃を受け、その後スピーディーにレコーディングしたバースを送り返してきた事から今回のリミックスが実現、楽曲はオリジナルと同じ「HANG OVER」がテーマとなっており、都会のクラブ遊びで良くある失敗談を乗り越えた上で、“結局そんな時間が掛け替え無い ”という真にある大切さを歌ったポジティブなクラブアンセムとなっている。

また、starRoと同じSOULECTION所属のプロデューサー、ROMderful”がギターで参加しており、フックはオリジナルと同じジャパニーズヒップホップ界の重要人物“鋼田テフロン”が担当、日本語で歌われたフックとSik-Kの韓国語+英語の歌詞が相まった、現在のトレンドとなっている「人種の多様性」を発信した前衛的なナンバーとなっている。

先行して本日19日に公開されたミュージックビデオは、東京/渋谷周辺を舞台に一人の男性が「HANG OVER」していく姿をアニメーションダンサー“GENDAI”がドラマ仕立てで演じている。



「HANG OVER feat. Sik-K、鋼田テフロン、ROMderful」

2018年5月2日(水)
形態:配信シングル
TFDS-00456
作詞:Sik-K、Kickhaiku
作曲:starRo、鋼田テフロン、ROMderful
編曲:starRo

◆starRo Instagram
◆starRo Twitter
この記事をツイート

この記事の関連情報

TREND BOX

編集部おすすめ

ARTIST RANKING

アーティストランキング

FEATURE / SERVICE

特集・サービス