GOSPELS OF JUDAS初AL『IF』に、氷室京介ヴォーカル曲も

ツイート


“GOSPELS OF JUDAS”(ゴスペルズ オブ ジュダ)が、7月18日に1st ALBUM『IF』をリリースすることが発表された。

GOSPELS OF JUDASは、2012年に氷室京介と親交の深いクリエイター達が集まり、“クリエイティヴィティだけを元に、自由に遊びから生まれた音楽をデジタルツールを使いリスナーに届けたい”として作ったDiGiTRONiX(デジトロニクス)プロジェクトの一つである。DiGiTRONiXがスタートした2012年、氷室京介と、氷室のレコーディングやライブにギタリスト兼アレンジャーとして、また2017年に発売されたB'zの楽曲でもアレンジャーとして参加するなど幅広く活躍しているL.A.在住の日本人ギタリストYTことYUKIHIDE TAKIYAMAが中心となり、GOSPELS OF JUDASが誕生した。才能あるアーティストが、ビジネスライクされた枠にとらわれず、自由に楽曲を創出できるプロジェクトとして、またそういった想いを共有できるアーティスト仲間が参加するプロジェクトチームとしている。

2012年当時は、氷室京介がGOSPELS OF JUDASとして参加した楽曲「Bloody Moon」が、セガのPlayStation3用ゲームソフト「龍が如く5 夢、叶えし者」のオープニング・テーマソングとして発表された。GOSPELS OF JUDASにおいては、氷室京介名義のオリジナル作品では見られない音楽的アプローチがまた違う魅力を引き出し、ゲームとの世界観とも見事に融合し話題となった。

そして今夏リリースされるGOSPELS OF JUDASの1st ALBUM『IF』は、ギタリスト&ヴォーカルとしてYTが中心となり制作した楽曲が主となるようだ。なおこのアルバムタイトル『IF』には、「もし宇宙的且つ非現実的な世界が存在したなら」という意味が込められているとのこと。骨太なロックサウンドの中で光る緻密なアレンジとメロディーが、そんなアルバムの魅力となっているようだ。

また、ライブ活動休止前に録音した氷室京介のヴォーカル曲も、「Bloody Moon」「Play within a Play」に加え2曲収録される。そして7月にはアルバム発売を記念し、GOSPELS OF JUDASのライブも予定されているとのこと。詳細は近日発表となる。

1st ALBUM『IF』

2018年7月18日
価格:¥3,240 (Tax in)
参加アーティスト:YT、氷室京介、TESSEY、Charlie Paxson、GODBROTHER

【収録曲】
1. Nexus 〜Overture〜
2. Mystic Beauty
3. Area 51
4. Interlude 1
5. Pris' Dream
6. LIAR 〜世界中の哀しみ集めて〜
7. Bloody Moon
8. Artificial Selection
9. Star Fire
10. Interlude 2
11. White Moon
12. Silent Train
13. Tears in Rain
14. RAIN
15. Play within a play
16. Cryin' with my guitar

GOSPELS OF JUDAS LIVE “IF”

7月15日(日)会場:青山Future SEVEN
※詳細近日発表

この記事をツイート

この記事の関連情報

TREND BOX

編集部おすすめ

ARTIST RANKING

アーティストランキング

FEATURE / SERVICE

特集・サービス