【ライブレポート】WANIMA、360度ステージと3人に死角なし「夢の国へようこそ」

twitterツイート


アルバム『Everybody!!』を引っさげて2月からスタートした<Everybody!! Tour>終盤の4月22日、幕張メッセ国際展示場2デイズ、2日目のライブが行なわれた。このライブハウス&アリーナ編は、追加公演含めてすべてチケットは完売。メッセ公演も2日間で4万5千人を動員し、開場からWANIMAのバンドTシャツ姿のキッズが期待の熱気を放っている。興奮の眼差しで見つめるのは、フロア中央に設置された全方位のステージだ。ライブハウス育ちのWANIMAが、アリーナという大きな会場で観客と一体となって遊ぶために選んだのが、スタンディングの死角なしの360度ステージとなる。遊園地やアミューズメントパークのBGMのような会場SEもあいまって、場内はアトラクションを待つようなワクワクで満ちている。

アルバム『Everybody!!』のオープニングを飾る「JUICE UP!!のテーマ」と手拍子に迎えられて登場した3人は、軽やかにステージを駆け回り、タオルを大きく振り回す。ステージ上方に設けられた大きなモニターには、KENTA(Vo/Ba)の笑顔が映し出され、FUJI(Dr/Cho)の銅鑼の合図でライブは「OLE!!」からスタートした。そして、「Everybody!! Tour幕張、WANIMAとみんなで開催しまーす!」(KENTA)の宣言で観客を盛り上げると、フロアは大合唱が巻き起こる。アルバム『Everybody!!』を中心に、ライブのテッパン曲を交えたセットリストで、会場内は瞬く間に汗ばむ気温となっていく。











「我々がキャストで、みなさんがゲスト。夢の国へようこそ」(KENTA)。改めて挨拶をし、「今日は2万曲持ってきたからね。昨日のお客さんの(盛り上がりを)超えていけるか」とフロアにけしかけると、WANIMAの真骨頂と言えるレゲエやパンクを織り交ぜたダイナミックで、キャッチーで、ちょっぴりエッチな曲たちで観客をジャンプさせ、コブシを突き上げさせる。特効やレーザーなど、アリーナならではの演出の醍醐味はもちろん、おなじみFUJIによるモノマネで長渕剛を降臨させると、会場は拍手喝采。そしていつモニターに映っても、3人ともバッチリ笑顔や変顔でキメるなど、映像使いのうまさやエンターテイナーぶりが楽しい。360度ステージ同様、3人も死角なしで、歓声と笑いを巻き起こす。これぞWANIMAたるライブだ。中盤には、6月公開の映画『OVER DRIVE』の主題歌である新曲「Drive」も披露された。「情けないことを燃料にして、これからもドライブしよう」(KENTA)と歌われた「Drive」は、KENTA、KO-SHIN(Gt)、FUJIの3声のコーラスが美しく力強い。グッとくるエモーショナルなメロディとプレイに、観客の腕が上がる。









また今回は、アコースティック・コーナーも設けられ3曲を披露。KO-SHINのアコースティックギターとFUJIのカホンにのせて歌い上げる曲は、普段のアグレッシヴなバンドサウンドとはまたひと味ちがう、彼らの歌心溢れるグッドメロディや、心に響く歌詞を優しく耳に届ける。KENTAが、「つらいときに唱えてきた言葉だ」と語った「ダサいのは今だけだから」というフレーズが生きる「ここから」のアコースティック・バージョンは、より深く、温かに心にしみる。

再びバンドセットで馬力をあげた後半は、「ともに」のカタルシスたっぷりの大合唱ではじまった。美しいバラードでは、フロアにたくさんのスマホのライトが灯った幻想的な光景を生み、ダンサブルな曲では一転してフロアがうねるようにジャンプする。その光景を、「いい顔してる」とKENTAは満足げに眺める。「WANIMAはこれからも挑戦していく。みんなも、いろんなことに挑戦をして、もしダメなことがあったら、いつでもWANIMAのところに帰ってきてほしい。お金は貸せないけど(笑)、肩くらいは貸せるから」(KENTA)。そんな言葉の後に演奏したのは、「シグナル」。小さなライブハウスからスタートし、お客さんが少ないつらい時代を味わいつつも、諦めずに自分たちの音楽を追求しライブを積み重ねながら、こうしてアリーナという大きな会場を埋めるバンドへと成長していった、彼らの経験や思いはすべて、歌に映されている。そんなリアルがあるからこそ、歌も、明るいパフォーマンスも説得力をもって伝わり、若い世代から、大人たちも巻き込んだスケールとなっている。ラストの「Everybody!!」でピースマークで埋め尽くされた会場は、汗にまみれたたくさんの笑顔とポジティヴなエナジーで包み込まれた。







このツアーの定番となったリクエストコーナーでも盛り上がったアンコールでは、新曲「りんどう」も披露された。秋になると熊本で咲き溢れるりんどうの花は、群れで咲くことなく、1本1本で力強く咲く花だという。彼ら自身の思いや姿勢と重なるこの歌は、これからも大事な曲となっていきそうだ。「また、必ず会おう」(KENTA)。そう力強い言葉で、2時間半の熱いライブを締めくくった。



8月25、26日には、2日間で7万人を動員するドームでの初ワンマン<Everybody!! Tour Final!!>をメットライフドームで開催することが決定しているWANIMA。ライブハウス発のバンドとしての矜持を1ミリも削ぐことなく、しかしどこまでも大きな歌を響かせていく彼らの旅は、まだ続いていく。

取材・文◎吉羽さおり
写真◎瀧本 JON... 行秀

  ◆  ◆  ◆

<WANIMA Everbody!! Tour Final 公演詳細>

日程:8月25日(土) 、26日(日)
会場:メットライフドーム (埼玉県所沢市上山口2135)
開場:16:00 / 開演:18:00 (25日、26日共通)
チケット料金:¥7,400- (税込み)
※アリーナスタンディングエリアは小学生以下入場不可
※お子様をお連れの方はスタンド指定席をご購入ください。
■特設サイト https://wanima.net/everybodytourfinal/

メジャー1stフルアルバム『Everybody!!』

2018年1月17日(水)発売
品番:WPCL-12817 ¥3,000+税

【収録曲】(全14曲)
M1「JUICE UP!!のテーマ」
M2「OLE!!」
M3「シグナル」
M4「CHEEKY」
M5「ヒューマン」(フジテレビ系 木曜劇場「刑事ゆがみ」主題歌)
M6「花火」
M7「サブマリン」
M8「CHARM」(受験にinゼリー CMタイアップソング)
M9「ANCHOR」
M10「やってみよう」(au三太郎「やってみよう」篇CMソング)
M11「エム」
M12「SNOW」
M13「ともに」(「8x4ボディフレッシュ」 CMソング)
M14「Everybody!!」

◆『Everybody!!』特設サイト
◆WANIMA オフィシャルサイト
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報

amazon