フラチナリズム、高知のスターになった夜

twitterツイート

フラチナリズムが4月22日、高知・高知市文化プラザかるぽーと大ホールにてワンマンライブ<高知のスターになりたいがちや!(大) supported by ミタニ建設工業株式会社>を開催した。

◆フラチナリズム 画像(全10枚)

モリナオフミ(Vo)と都築聡二(Dr)の出身地でもある地元・高知県での初のホールワンマンライブには1000人を超える観客が集結。同日にリリースされたニューミニアルバム『いきなりステキ』の収録曲も含め全17曲が披露され、約2時間にわたるライブは大盛況のうちに終了した。

また、ライブ後にはモリの出身地でもある、高知県吾川郡いの町の池田牧子町長が登壇し「いの町観光大使」委嘱式が行なわれるというサプライズも。ライブのタイトルどおり、“高知のスター”として輝いた夜となった。







セットリスト

M1 ひな壇芸人行進曲
M2 大江戸ディスコ
M3 やってらんねぇ
M4 君がいるだけで
M5 アイアイアイラブユー
M6 愛されるより愛したい
M7 ガラガラヘビがやってくる
M8 Don't Stop My Love〜あいつはドスマラ〜
M9 いきなりステキ
M10 物怪ダンス
M11 さよなら I love you
M12 帰っておいで
M13 幸せのキセキ
M14 ズコ☆バコ
M15 単純にイエイ
M16 KAN&PAI -THE WORLD-
M17 思い出と白い花

Mini Album『いきなりステキ』

2018年4月22日(日)発売
FRCD-1001 / ¥2,000(税込)
1.いきなりステキ
2.シグナル
3.ふんどし男の夢花道
4.物怪ダンス
5.思い出と白い花
6.単純にイエイ


twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報