X JAPAN、7人で挑んだ世界の舞台。「ロックは死んでない」

twitterツイート

X JAPANが現地時間4月21日(土)、米カリフォルニア州インディオで行われた<コーチェラ・フェスティバル>のMOJAVE STAGE(モハーヴェ・ステージ)にヘッドライナーとして出演した。

◆ライブ画像

2度目のステージとなった今回は、前週のショーの評判とYOSHIKIが連日米国メディアに登場することにより、オーディエンスが前回の数倍もの数に膨れ上った。 同時刻に行われたビヨンセの動員には及ばなかったものの、会場は大勢の観客の熱気で溢れた。

「MIRACLE」でYOSHIKIの登場と共に大歓声が湧き上がり、「JADE」「RUSTY NAIL」「紅」「Born To Be Free」など大迫力のパフォーマンスは観る者を魅了し、会場内では数カ所でモッシュ・ピットが起こるほどの大きな盛り上がりを見せた。


そして今夜のスペシャルゲスト、 YOSHIKIの友人マリリン・マンソンとのスペシャルパフォーマンスでは、マリリン・マンソンの代表曲であるEurythmicsのカバー「Sweet Dreams」を演奏。YOSHIKIのピアノとマリリン・マンソンのボーカルという幻想的なアレンジに観客は心を打たれ、 大きな歓声は鳴り止む事は無かった。

さらに「X」では、HIDEとTAIJIのダブルホログラムが現れ、まるで2人が本当にステージに立っているかのような錯覚に。前週に続きスペシャルゲストとして参加した、ガンズ・アンド・ローゼズのリチャード・フォータスと、リンプ・ビズキットのウェス・ボーランド、豪華ギタリスト2名も力強いパフォーマンスでステージに花を添え、約1時間に及ぶX JAPANのコーチェラのステージは大成功のうちに幕を閉じた。


現地メディアはあのビヨンセと同じ時間に“対抗馬”として出演するX JAPANに当初より大きな関心を寄せており、『X JAPAN VS Beyonce』つまりは『ROCK VS POPS』と、ロックの勢いが振るわないここ米国の地でX JAPAN、そしてバンドを率いるリーダーのYOSHIKIが一体どのように切り込んでいくのかと多くの注目が集まっていた。唯一のハードロックバンド、そして日本人アーティストとして計り知れないほどのプレッシャーを抱え、それは前途多難かに思われた。

ところが初日のコンサート後、米ヤフーニュースには「激しく、吹き飛ばされるかのような破壊力のショーは、まさに“偉大”」、米LAウィークリーには「ビヨンセではなくX JAPANを選んだ」、またローリング・ストーン誌には「“ハードロックの爆発あり、涙を誘うバラードあり…「JADE」はスピード感のあるメタルリフと間欠泉のような激しさで始まったかと思えば、エモーショナルで華やかなメロディーへと移っていく」と大絶賛され、数多くの大手海外メディアから高い評価が殺到するほど、今回コーチェラでみせたX JAPANのパフォーマンスはファンのみならず各所に大きな影響を与えることとなった。

公演中YOSHIKIがMCで叫んだ「Thank you for supporting X JAPAN. Thank you for supporting Rock’n roll. Rock is here to stay.」(日本語訳:X JAPANをサポートしてくれてありがとう。ロックをサポートしてくれてありがとう。ロックは死んでない。)の言葉には、 オーディエンスから割れんばかりの歓声が鳴り響いた。また当日<コーチェラ・フェス>のオフィシャルTwitterでは、YOSHIKI及びX JAPANについて下記のようなリツイートがされている。


「Rock will be alive and well with @XJapanOfficial and @YoshikiOfficial 」――ロックは、 X JAPANとYOSHIKIと共に息を吹き返す。

今日のステージを目にした観客は、誰もが皆口々に「歴史的なショーを観た」と興奮状態で会場を後にした。SNSでは世界中から反響が寄せられており、世界進出を夢見たHIDE、TAIJIというかけがえのないメンバーと一緒に、X JAPANメンバー7人で挑んだコーチェラのステージは米国において前回の米マディソン・スクエア・ガーデンを超えるXJAPANの歴史上最大の功績をあげた。


セットリスト


1.MIRACLE(INTRO)
2.JADE
3.RUSTY NAIL
4.KISS THE SKY
5.I.V.
6.紅
7.Sweet Dreams(YOSHIKI and マリリン・マンソン)
8.BORN TO BE FREE
9.X
10.TEARS(OUTRO)

twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報