スティング&シャギー、エリザベス女王の誕生日祝賀公演でパフォーマンス

twitterツイート

土曜日(4月21日)、エリザベス英女王の92歳の誕生日を祝し、ロンドンのロイヤル・アルバート・ホールでコンサートが開かれ、スティング&シャギー、カイリー・ミノーグ、ジェイミー・カラム、クレイグ・デイヴィッド、トム・ジョーンズらが、女王はじめロイヤル・ファミリーを前にパフォーマンスした。

◆祝賀公演の様子

公演はトム・ジョーンズの歌声で開幕。彼は「Green, Green Grass Of Home」「What A Wonderful World」「Happy Birthday To You」などをパフォーマンスした。

スティングとシャギーはその前日リリースしたコラボレーション・アルバム『44/876』からの「Don’t Make Me Wait」、「Boombastic /Message In A Bottle /Angel /You Tage」のメドレーをプレイした。





公演には彼らほか、アルフィー・ボー、アン・マリー、ローラ・マヴーラ、ショーン・メンデスらが出演。エリザベス女王、チャールズ皇太子夫妻、アン王女、ウィリアム王子、ヘンリー王子と婚約者メーガン・マークルらロイヤル・ファミリー、テリーザ・メイ英首相らが出席した。

観客が女王に向け、「ハッピー・バースデー」を合唱する一幕もあったという。コンサートの模様はBBCから生中継された。







Ako Suzuki
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報