プリンスの追悼コンサート、ハイライトはあの曲

ツイート


プリンスの命日の前夜にあたる4月20日、プリンスの追悼コンサート<プリンス:ライヴ・オン・ザ・ビッグ・スクリーン>が故郷であるミネアポリスのターゲット・センターで行われた。プリンスのリマスターされた未発表の音源や映像を体験できるのが最大の売りとなったこのコンサートには、様々な人種・年齢層からなる約7,000人のファンが集まった。会場の一角のフェンスには、ファンからプリンスへのメッセージの数々が掲げられていた。



コンサートは現地時間の8時20分に開演し、紫のコスチュームを身にまとったホーン・セクション5人を含むバンド・メンバーが登場した。メンバー紹介こそなかったものの、ザ・ニュー・パワー・ジェネレーションに在席していたメンバーが中心となっていたようだ。コンサートのタイトル通りに、ステージ中央の大スクリーンにはプリンスが映し出され、ステージはスタートした。



「レッツ・ゴー・クレイジー」、「デリリアス」、「1999」という大ヒット曲の生演奏に合わせてプリンスは熱唱してゆく。スクリーンのプリンスが「Clap Your Hands(手を叩いて)」と言えばオーディエンスは手を叩き、プリンスが手を左右に振れば、オーディエンスも手を左右に振る。またコンサートの中盤では、マイケル・ジャクソンの「今夜はドント・ストップ」を歌うプリンスが見られ、プライベートではマイケルとプリンスは親しかったということだが驚きの選曲とも言える。

そしてこの日のハイライトは、「ナッシング・コンペアーズ・トゥ・ユー(愛の哀しみ)」だ。サプライズ・シングルとして配信されたばかりのこの曲は、ザ・ニュー・パワージェネレーションに在籍していたシェルビー・Jが生前のプリンスとステージでデュエットしていたため、その映像がスクリーンに流れ、実際のステージ上でも生バンドに合わせてデュエットが行われ、感動的な場面のひとつとなった。



さらに、ピアノの弾き語りライヴをするプリンスの珍しい映像も流され、「ビューティフル・ワン」、「ダイアモンド・アンド・パールズ」という至極のバラードも披露された。コンサート終盤は「KISS」で大いに盛り上がり、そして誰もが待ち望んでいた最後の曲に向けて、紫のスモークがステージを包み込む。生前のプリンスが使っていたと思われるラヴ・シンボルのマークを施したマイク・スタンドがこの曲のためにステージ中央に置かれる。バンドが奏でるイントロに続きスクリーンのプリンスが「パープル・レイン」を熱唱し、紫の紙吹雪がオーディエンスの上から舞うと、2時間10分のコンサートが終わりを告げた。



なお今回のライヴにおいて、全編にわたってスクリーンのプリンスが歌うことは想定外だったと言えるが、結果的にはプリンス・ファンが満足できるライヴになったようだ。

■文:ワーナーミュージック・ジャパン
■写真:Paisley Park Studios/Steve Parke


【Prince / Nothing Compares 2 U】


・iTunes Store
https://itunes.apple.com/jp/album/1372837552?app=itunes&at=10l6Y8

・デジタル配信
https://princejapan.lnk.to/nc2uPu

この記事をツイート

この記事の関連情報

TREND BOX

編集部おすすめ

ARTIST RANKING

アーティストランキング

FEATURE / SERVICE

特集・サービス