【対談】感覚ピエロ×POLYSICS、「人生初ライブだったんです」

twitterツイート

感覚ピエロが3月から<47都道府県ツアー「KKP TOUR またイかせてもらいます!!47都道府県全国津々ムラ×2!! デリバリー感覚ピエロ!!~チェンジだなんて言わせない~」>を開催中だ。名古屋、東京でのワンマンライブを皮切りに、全国各地でワンマン&ツーマンライブを繰り広げ、7月28日に彼らの地元・大阪なんばHatchでファイナルを迎える。

◆感覚ピエロ×POLYSICS 画像

BARKSでは、同ツアーのツーマン公演の中から4月から7月にわたって毎月ひと組をピックアップ。対バン相手とのインタビューとライブレポートをお届けする。その第1回は17本目となる柏ThumbUpで共演をしたPOLYSICS。感覚ピエロからの熱いオファーで実現したという対バンの経緯などを、ライブ直前の楽屋で聞かせてもらった。

   ◆   ◆   ◆

■自分たちのやりたいことが
■いちばん伝わるのがライブ

──両バンドは初対面だそうですね。

秋月琢登(G):フェスでお会いしたことはあるんですけど、お話をするのは初めてです。

──今回、感覚ピエロが<47都道府県ツアー「KKP TOUR またイかせてもらいます!!47都道府県全国津々ムラ×2!! デリバリー感覚ピエロ!!~チェンジだなんて言わせない~」>の千葉・柏ThumbUp公演の対バンにPOLYSICSを誘った理由は何だったんですか?

秋月:僕、人生初ライブがPOLYSICSさんなんですよ。中学3年の時になんばHatchに観に行ったんですよね。

ハヤシ:初ライブがPOLYSICSなの!?

秋月:そうなんですよ。なんばHatchに行ったのも、その時が初めてでした。

ハヤシ:それは嬉しいねえ。

フミ(B):それはワンマン?

秋月:そうです。で、初めてのライブで整理番号も良くなかったんですけど、2曲目ぐらいで気付いたら前から2列目ぐらいまで行ってたんです(笑)。

ハヤシ:Hatchだったら、10周年(<POLYSICSの10周年OR DIE!!!!〜10周年のバンドって意外と多かったんだね。まぁ、別にいいけど。。。〜>)の最後のほうかもしれないね。

秋月:で、今回、まさか出ていただけるとは思わなかったら、発狂しました(笑)。

滝口大樹(B):“え?本当に出てくれるの?”っていう感じでしたね。

横山直弘(Vo/G):中学生の時に『GiGS』とかのバンド雑誌を読んでると、POLYSICSさんが出てくるんですよ。僕からしたら、完全にメディアに出ている側の人だったから。

西尾健太(Dr):もう唯一無二ですよね。歌から、声から、衣装から。

秋月:あのサウンド感は出せないですよね。

──逆にPOLYSICSは感覚ピエロから声をかけられて、どう思いましたか?

ハヤシ:僕、『ゆとりですがなにか』(※2016年放送日本テレビ系ドラマ)を見てて、感覚ピエロのことは知ってたんですよ(主題歌&挿入歌を感覚ピエロが担当)。

フミ:私は申し訳ないんだけど、「あのドラマの」って言われて、「ああ!」っていう感じでした。

ヤノマサシ(Dr):俺もそう。まさか感覚ピエロさん側がそういう認識でいてくれるとは思いませんでしたね。

ハヤシ:だから声がかかるなんて思ってなかったのから、びっくりしてます。今日は、“どういう人たちなんだろうなあ?”って楽しみにしてきました。

秋月:僕らにどういう印象を持ってましたか?

ハヤシ:オープニングのアノ曲(「拝啓、いつかの君へ」)しか知らなかったから、性格は……どちらかと言ったら、あんまり良くないのかな?って(笑)。

全員:あははははは!

秋月:よく言われます。わりと図星なところもある(笑)。

ハヤシ:いやいや、話したら払拭されたけどね。あのビデオと楽曲のイメージとか、今回のツアータイトルは風俗みたいだし(笑)。チャラくてツンケンしてるのかな?みたいなイメージがあったけど、いま話した感じだと、そんなことないよね。あと、昔(下北沢CLUB)Queの店員が、「ポリと感覚ピエロが一緒にやったらいいんじゃないか」みたいなことを言ってくれたことがあったんですよ。

秋月:へえ!

──ああ、わかる気がします。一見、POLYSICSと感覚ピエロは“異色の対バン”ではあるんですけど、何か共通する部分はありそうですよね。どちらもライブハウスっていう場所を主戦場にして、他の誰にも真似できないことをやっているバンドですし。

ハヤシ:たしかに僕らは、自分たちのやりたいことがいちばん伝わるのがライブだと思ってやってるところはありますね。でも、最初の頃は、ただただ自分の楽しい音を詰め込んでたから、客席と自分たちの間に壁を作ってて。自分たちだけで完結させてた時期もあったんですよ。当時はハンドクラップも煽りもなかったし。

──いまのPOLYSICSからすると想像がつかないです。

ハヤシ:いちばん尖ってた時期ね(笑)。メジャーデビューの時ぐらいとか。そこから海外に行くようになって、もっとこの場を楽しませたいなっていうのが見えてきて。その時にちょうど日本でもフェスができ始めたから、そういう意識でパフォーマンスをしたら、盛り上がる手応えを自分たちでも掴めたっていう流れがあるんですよね。

──もはやPOLYSICSの伝説にもなってる、ライブで食パンを客席に投げ入れるパフォーマンスはいつ頃にやってたんですか?

ハヤシ:あれはインディーズの時ですね。

秋月:食パンを投げてたんですか!?

ハヤシ:観てる人を驚かせたくて。昔のパンクシーンでは豚の臓物を投げるとか、そういうのがあったから。スターリンとかね。

滝口:豚の臓物に憧れて、投げたのが食パン!?

秋月:かわいい!

ハヤシ:臓物を手に入れる方法がわからなかったんだよね(笑)。で、最初に(新宿)リキッドルームで食パンを投げたときに、めっちゃウケて。“これだ!”みたいな。

◆インタビュー(2)へ
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報