大森靖子、完全書き下ろしの初単著『超歌手』刊行

twitterツイート

大森靖子が6月7日に初単著『超歌手』を毎日新聞出版より刊行する。

◆キービジュアル

普及版の『超歌手』、豪華版の『超歌手 VIP』の二仕様で刊行される本作は、自らのこと、社会のこと、芸術のこと、生や死のことなどを独自の目線で書き下ろしたエッセイ集。大森靖子節が詰まった、現代を生きる老若男女の心情を鋭くえぐる表現で今を生き抜く至言が詰まった作品になる模様だ。巻末には最果タヒ、根本宗子、ぱいぱいでか美、吉田豪ほかゲスト質問者を多数迎えた「大森靖子への108の質問」も収録。

大森靖子は刊行にあたって「本にここまでかくミュージシャンは今もういないと思います。嫌われるし、もしかしたら自らの音楽作品すら傷つけるのに、かかずにはいられないなんて狂ってる。けど表現者として狂ってるのは、いったいどっちだ? 私は、超歌手です」とのコメントを寄せている。


書籍情報

『超歌手』
大森靖子
四六/ソフトカバー
232ページ
本体1,500円+税
ISBN978-4-620-32521-7
2018年6月7日刊行予定

『超歌手 VIP』
大森靖子
四六/ハードカバー
272ページ
本体3,200円+税
ISBN978-4-620-32522-4
2018年6月7日刊行予定
・ハードカバー、布張り(ピンクサテン生地)&金色箔による超豪華仕上げ
・フルカラー48ページに及ぶ撮り下ろしフォト(撮影:オノツトム)
・特典2点封入:【大森靖子自撮り写メシール】【サイン帳カード(大森靖子記入アリ&記入ナシの2種セット)】

◆大森靖子 オフィシャルサイト
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報