THE SIXTH LIE、『ゴールデンカムイ』ED曲をライブ初披露

twitterツイート


THE SIXTH LIEが、4月23日(月)に東京・Shibuya Milkywayで開催されたライブイベント<Milkyway×NISHIJOE 『NIGHT ON THE PLANET!』>に出演。現在放送中のTVアニメ『ゴールデンカムイ』のエンディングテーマに起用されている新曲「Hibana」をライブ初披露した。

◆THE SIXTH LIE 画像

対バン形式となるこの日のライブの一番手を飾ったTHE SIXTH LIE。壮大なオープニングSEと共に幕が上がると、ステージ後方の真ん中に設置された左右ふたつのモニターに近未来的な都市の映像が投影され、ステージは瞬く間にリアルと異次元が交差するTHE SIXTH LIEの世界へ。重厚なエレクトロ・ロック「SINGularity」で鮮烈なスタートを切ると、間髪入れずメタルコア色の強い「Another Dimension」を投下。さらにトロピカルハウス以降の爽快感を備えた「Go on」と、EDMの要素を巧みに消化したサウンドでシンガロングを交え盛り上げていく。ステージ上のメンバーはArata(Vo)、Reiji(G, Programming)、Ray(Dr)というコンパクトな編成ながら、打ち込みやサンプラーも交えた音の厚みと迫力は充分だ。


ここで軽いMCを挿み、「最近TVアニメの『ゴールデンカムイ』のエンディング・テーマを歌わせていただいてます。その「Hibana」という曲を聴いてください」(Arata)との言葉に続いて、ついに新曲を初パフォーマンス。時に繊細に、時に激しくかき鳴らされるギターと、躍動感のあるドラムス、サビに向けてエモーショナルに響きわたるハイトーンボイスが火花をまき散らすように激突する。雄叫びのようなパートや2番以降の展開を含め、彼らのレパートリーの中でも特にロック的なカタルシスを得られるナンバーとなった。

そこから静と動の対比が美しい「Hologram」、幻想的なシンセリフで壮大なサウンドスケープを描いてみせたBring Me The Horizon「Oh No」のカバーと続け、4つ打ちのグルーヴとドラマチックな旋律がマッチした「Endless Night」へ。そして「最後はみなさんで楽しめる曲を持ってきました」(Arata)と語って彼らの代表曲でもあるエレクトロニコア「Wake Up Your Fire」を演奏。メンバーの激しいアクションも含め、音と映像で魅せる40分弱のロングセットを熱量たっぷりに締め括った。

この日ライブ初披露となった「Hibana」は、彼らの1stシングルとして6月6日にリリース。NBCユニバーサルのYouTube公式チャンネルでは、メンバー出演によるMVのショートバージョンが公開されている。

■セットリスト

2018年4月23日 Shibuya Milkyway
1.SINGularity
2.Another Dimension
3.Go on
4.Hibana(TVアニメ『ゴールデンカムイ』EDテーマ)
5.Hologram
6.Oh No(Bring Me The Horizonカバー)
7.Endless Night
8.Wake Up Your Fire


1st CDシングル「Hibana」

2018年6月6日発売
TVアニメ『ゴールデンカムイ』EDテーマ
GNCA-0532 ¥1,200+税
収録曲:
・Hibana
・Flash of a Spear
・Hibana<Instrumental>
・Flash of a Spear<Instrumental>
【発売元】NBCユニバーサル・エンターテイメント

<LIVE SINGularity ver.2.0>

2018年6月24日(日)Shibuya REX
open17:30 /start18:00
all standing前売¥2,500 / 当日¥3,000 (税込・入場時別途ドリンク代)

twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報