ノイズに悩まされる現場で活躍するインラインマイクプリアンプ、Cloud Microphones「Cloudlifterシリーズ」

twitterツイート

ダイナミックマイクやリボンマイクなど出力の小さいパッシブマイクのノイズに悩まされるシチュエーションで活躍するインラインマイクプリアンプ「Cloudlifterシリーズ」が米Cloud Microphones社より登場。5機種の国内販売がスタートした。

Cloudlifterシリーズは、ファンタムパワーによって動作するインラインタイプのマイクプリアンプ。パッシブマイクを使っていてノイズに悩まされるシチュエーション、たとえば使用するマイクの出力レベルが低い、使っているプリアンプのノイズが大きい、あるいはケーブルの引き回しが長くなってしまい信号経路にノイズが混入する……、こうしたライブステージやレコーディングの現場で重宝するモデルだ。フックアップがCloud Microphones社とディーラー契約を結び、日本での直販がスタートした。

Cloudlifterシリーズは、特許取得済のJFET回路を内蔵し、クリーンでノイズのない最大で25dBのゲインをパッシブタイプのマイクに付加。ファンタムパワーで動作するが、接続されたマイクに対してファンタムパワーは供給しない。ラインナップは、チャンネル数や可変インピーダンス機能が付いたモデル、また楽器用のDI機能も搭載したモデルなど、全5機種を用意する。

●Cloudlifter CL-1


ファンタムパワーで動作するシングルチャンネルタイプのインラインタイプマイクプリアンプ。ディスクリートJFET増幅回路を搭載したスタンダードモデルで、ステージ上に置いても安心な堅牢なシャーシを採用。小型の筐体なので、マイクスタンドへ取りつけも可能(取付用ストラップ付属)。

●Cloudlifter CL-2


「CL-1」の回路が2つ分入った完全独立の2チャンネルタイプのインラインタイプマイクプリアンプ。電気的仕様は「CL-1」と共通だが、ファンタム電源はチャンネルごとに必要。

●Cloudlifter CL-4


「CL-1」を4チャンネル分1Uの19インチラックにまとめた4チャンネルタイプのインラインタイプマイクプリアンプで、すべての入出力をリアパネルにまとめている。電気的仕様は「CL-1」と共通で、ファンタム電源はチャンネルごとに必要。

●Cloudlifter CL-Z


「CL-1」の進化型モデル。入力インピーダンスの連続変化が可能で、常に接続するマイクの出力インピーダンスにマッチさせることが可能。さらにHPFのオン/オフ、ゲインの2段階切替スイッチも装備。マイクスタンドへ取りつけも可能。取付用ストラップが付属する。

●Cloudlifter CL-Zi


CineMagインストゥルメントトランス、コンボタイプ入力ジャックを採用した、楽器用DI兼用モデル。入力インピーダンスの連続可変機能は、マイクとのインピーダンスマッチングはもちろん、楽器の場合には積極な音づくりにも活用可能。マイクスタンドへ取りつけも可能(取付用ストラップ付属)。

製品情報

◆Cloudlifter CL-1
価格:オープン(市場実勢価格 16,000円 税別)
◆Cloudlifter CL-2
価格:オープン(市場実勢価格 27,000円 税別)
◆Cloudlifter CL-4
価格:オープン(市場実勢価格 55,000円 税別)
◆Cloudlifter CL-Z
価格:オープン(市場実勢価格 27,000円 税別)
◆Cloudlifter CL-Zi
価格:オープン(市場実勢価格 40,000円 税別)
発売日:2018年4月16日
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報