アークティック・モンキーズ「新作は、いつものようなギター・ヘヴィな作品ではない」

twitterツイート
Photo by Zackery Michael

アークティック・モンキーズが来月リリースするニュー・アルバム『Tranquility Base Hotel & Casino』は、これまでのようなギター主体のロック・サウンドとは異なる作品になっているそうだ。

◆アークティック・モンキーズ画像

同作に収録される曲は、もともとフロントマンのアレックス・ターナーによりピアノで制作されたものだという。ギタリストのジェイミー・クックは、英国の音楽誌『MOJO』のインタビューでこう明かした。「ピアノとヴォーカルのみで、ギターはなかったんだ。アルはこう考えていたんじゃないかな。“これはアークティック・モンキーズになるのか、それとも自分は別の場でやるつもりなのか?”って。僕はこうも思った。これは間違いなく、ギター・ヘヴィなアルバムじゃない。いつも通りの僕らってわけじゃない」

ターナーは「これまでやったことがない方法、ピアノで曲を書くよう自分を仕向けた」と話している。「それにより、以前は行くのが難しかったところへ行くことができた」という。

彼らにとって6枚目のスタジオ・アルバムとなる『Tranquility Base Hotel & Casino』は5月11日発売。アルバムのリリース前に、新作のプレビューとなるシングルを発表する予定はないという。

Ako Suzuki
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報