【レポート】加藤登紀子が自分史を振り返るコンサート開催、自伝・ベスト盤CDも発売

twitterツイート
PR


2018年4月21日に、東京・渋谷区のBunkamuraオーチャードホールで<TOKIKO’S HISTORY 花はどこへ行った 加藤登紀子コンサート>の初日が開催された。デビューの3年目であり、人生の転機である1968年を中心に振り返り、自分史に関わりの深いオリジナル曲、ロシア民謡、シャンソンの名曲の数々が披露されるコンサートとなった。海外の曲のほとんどの日本語詞は加藤自身が手掛けている。このコンサートに合わせて書き下ろされた自伝『運命の歌のジグソーパズル~TOKIKO’S HISTORY-Since1943』(朝日新聞出版)と、自伝に綴られた歌とヒット曲を網羅した2枚組ベストアルバム『TOKIKO’S HISTORY』がともに今月発売されている。

1968年は、加藤は東大でデモに参加し、それがきっかけで後に獄中結婚をして夫となる藤本敏夫と出会っている。また、ソ連への40日間の演奏旅行に出かけ、成功を収めた。同年、世界は激動の時代を迎えており、アメリカのベトナムへの攻撃が激化、チェコスロバキアでは民主化運動「プラハの春」、フランスの反体制運動「五月革命」に触発されて世界中で反体制運動が起きるほか、デモや暴動が多発した。「花はどこへ行った」は、1968年に世界的に広まったアメリカの反戦歌で、ロシアの文豪、ショーロホフの小説「静かなドン」の、コサックの子守唄の詞からピート・シーガーが作詞作曲した曲。このコンサートでは、1968年を彷彿させる曲が多く選ばれている。

[続きを読む (全日本歌謡情報センター)]

<TOKIKO’S HISTORY 花はどこへ行った 加藤登紀子コンサート>

6月3日(日) シベール アリーナ(山形)
6月10日(日) 神戸国際会館こくさいホール(兵庫)
6月16日(土) よこすか芸術劇場(神奈川)

ベストアルバム『ゴールデン☆ベスト TOKIKO’S HISTORY』

2018年4月18日発売
MHCL 30506~7(CD2枚組) / 3,000円+税
[ DISC 1収録楽曲 ]
1. 時には昔の話を
2. ひとり寝の子守唄
3. 愛のくらし
4. この空を飛べたら
5. この世に生まれてきたら
6. ANAK(息子)
7. 美しい昔
8. 鳳仙花
9. 広島 愛の川
10. 今どこにいますか
11. 1968
12. あなたの行く朝
13. Now is the time
14. Révolution
15. Never Give Up Tomorrow
16. 知床旅情
17. 琵琶湖周航の歌

[ DISC 2収録楽曲 ]
1. さくらんぼの実る頃 (フランス語ヴァージョン)
2. 百万本のバラ
3. 難破船
4. 美しき五月のパリ
5. 遠い祖国
6. 暗い夜
7. 枯れた楓
8. 波止場の夜
9. 悲しき天使(遠い道)
10. 今日は帰れない~パルチザンの唄~
11. 暗い日曜日
12. リリー・マルレーン
13. 名前も知らないあの人へ
14. Père-Lachaise (ピアフに捧ぐ)
15. 3001年へのプレリュード
16. 蒼空
17. 愛の讃歌
18. 終りなき旅

自伝『運命の歌のジグソーパズル~TOKIKO’S HISTORY-Since1943』

2018年4月20日発売
四六判並製 280ページ / 1,620円(税込)
朝日新聞出版


twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報

TREND BOX

編集部おすすめ

ARTIST RANKING

アーティストランキング

FEATURE / SERVICE

特集・サービス