ABBA、新曲について語る「昔と比べる必要はない」

ツイート

ABBAのベニー・アンダーソンが、35年ぶりにレコーディングした新曲について語った。彼らにはいまさら何かを証明する必要はなく、曲は純粋に楽しみから誕生したという。

◆ABBA画像

彼はBBC Newsにこう語った。「僕らは何かを証明する必要はないと感じてる。僕らは、"おっと、昔のほうがよかったらどうする?"なんて考える必要はないと思う。多分、そうなんだろう。でも、僕らは気にしていない。ただ、(新曲をレコーディングするのは)いいことだと思ったからやったんだ。すごく楽しかったよ。みんなも気に入ってくれることを願ってる」

新曲の制作は、ベニーとビヨルン・ウルヴァースが、来年スタートすると言われているABBAのホログラム・ツアーに向けスタジオへ入っているときに思いついたそうだ。「僕ら、"2曲くらい作ってみるべきなんじゃないかな、レディー達に歌ってみたいか訊いてみよう"って話してたんだ。彼女たちは"もちろん"って言ってた。だから、純粋に楽しみから誕生したんだ」

新曲のサウンドは、「1つの曲はいまの僕ら、もう1つは1972年に作ったとしてもおかしくないもの」だそうで、どちらにしろ「フリッドとアグネッタが歌い始めた途端、それはABBAのサウンドになる」と表した。

彼らは「I Still Have Faith In You」と「Don't Shut Me Down」という2つの新曲をレコーディング。これからミキシングを行なうそうだ。「I Still Have Faith In You」はアメリカと英国で12月に放送される特別番組で披露される。

Ako Suzuki

この記事をツイート

この記事の関連情報