リアーナ「ドレイクとはもう友達じゃない」

twitterツイート

一時は交際が噂されるほど仲が良く、ベスト・フレンドだと強調していたリアーナとドレイクだが、リアーナいわく、もはや2人の間に友情はないそうだ。

◆リアーナ画像、動画

ドレイクは2年前、リアーナが<MTVビデオ・ミュージック・アワーズ>で特別賞のマイケル・ジャクソン・ビデオ・ヴァンガード・アワードを受賞した際、お祝いのビルボードを設置したり、授賞式でそのプレゼンターを務め、彼女への愛を表明していたが、リアーナはこれを"やり過ぎ"と感じたようだ。

彼女は『Vogue』誌のインタビューで、ドレイクの名が出ると、やや顔をしかめ、こう話したという。「VMAはファン中心のアワーズ・ショウで、そのエネルギーに包まれ、過去にあのアワードを受賞した人達を考えると、私にとってはすごく大きな出来事だった。あのスピーチを聞いているのは多分、最も居心地悪い時間だったわ。褒められ過ぎるの好きじゃないの」

そして、ドレイクとの現在の関係を問われると、「いま、私たちに友情はないわ。でも敵でもない」と答えたそうだ。

そう言われて、<MTVビデオ・ミュージック・アワーズ>でのドレイクのスピーチ映像を見直すと、最後でハグを交わすときのリアーナは一歩引き、クールな表情を浮かべているように見える。



リアーナは現在、2016年の『Anti』に続くニュー・アルバムの制作に取り掛かっており、『Vogue』誌によると、レゲエにインスパイアされたサウンドになりそうだという。

Ako Suzuki

twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報