バディ・ガイ、3年ぶり新作にミック、キース、ベックら参加

twitterツイート


バディ・ガイが、6月にニュー・アルバム『The Blues Is Alive And Well(ザ・ブルース・イズ・アライヴ・アンド・ウェル)』をリリースすることが発表されている。

◆バディ・ガイ画像

ビルボード・ブルース・チャートで1位を獲得した前作『Born to Play Guitar』(2015年)以来およそ3年ぶりのスタジオ・アルバムとなる同作には、全14曲を収録。ガイの長年のコラボレーターであるトム・ハンブリッジがプロデューサーを務めているという。ジェフ・ベックとキース・リチャーズが参加した「Cognac」、ミック・ジャガーを迎えた「You Did The Crime」、ジェイムス・ベイ参加の「Blue No More」と、トラックリストの発表と共に明かされた豪華ゲスト陣とのコラボレーションにも期待が高まるところだ。


82回目の誕生日を7月に控え、現在もアメリカ各地を巡るツアーを敢行中のバディ・ガイ。ニュー・アルバムは6月15日(金)にリリースされる。なお、国内盤はボーナス・トラックを加えて6月27日(水)に発売される予定となっている。

■リリース情報

ニュー・アルバム『ザ・ブルース・イズ・アライヴ・アンド・ウェル』|『The Blues Is Alive And Well』
2018年6月27日(水)発売
(輸入盤:2018年6月15日(金)発売)
SICP-5798 ¥2,400+税
※解説・歌詞・対訳付
※日本盤はボーナストラック1曲収録予定
01. A Few Good Years
02. Guilty As Charged
03. Cognac (featuring Jeff Beck & Keith Richards)
04. The Blues Is Alive And Well
05. Bad Day
06. Blue No More (featuring James Bay)
07. Whiskey For Sale
08. You Did The Crime (featuring Mick Jagger)
09. Old Fashioned
10. When My Day Comes
11. Nine Below Zero
12. Ooh Daddy
13. Somebody Up There
14. End Of The Line

twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報